西区連合町内会会長・女性部長合同研修会が開催されました

9月28日(木)、西区連合町内会会長・女性部長合同研修会が開催され、西区内の11の連合町内会の会長、女性部長が参加しました。
 毎年、西区内の各連合町内会におけるまちづくり活動推進のため、テーマを設けて学習するこの研修会。今年は、環境推進に関する意識を深めるために上水道の仕組みを理解すること、2026年の冬季オリンピック・パラリンピック招致活動についての理解を深めることをテーマに、藻岩浄水場と水道記念館、大倉山の札幌オリンピックミュージアムを見学します。

 藻岩浄水場と水道記念館では、豊平川の上流の豊平峡ダムと定山渓ダムの水を取水し、上水道を作って配水する一連の工程について、実験を交えた説明を受け、浄水施設の見学を行いました。

DSC_1565_R.jpg DSC_1570_R.jpg
DSC_1580_R_20170929115442f05.jpg
IMG_1215_R.jpg IMG_1217_R.jpg
▲藻岩浄水場・水道記念館の見学の様子

 大倉山の札幌オリンピックミュージアムでは、学芸員の方から冬季オリンピックの歴史や過去の大会の記録などについて説明を受け、競技用具や競技体験コーナーなどを見学しました。

IMG_1238_R.jpg
DSC_1594_R.jpg DSC_1604_R_201709291155098c5.jpg
DSC_1607_R_20170929115511e59.jpg DSC_1609_R.jpg
DSC_1617_R.jpg
▲札幌オリンピックミュージアムの見学の様子

 札幌市の上水道に関しては、西区にも西野浄水場があります。また、冬季オリンピックに関しては、幻のオリンピックとなった1940年(昭和15年)のオリンピックで回転競技場として選ばれていたのは三角山でした。西区の地域や歴史に結びついたテーマによる今回の研修。これからの地域のまちづくりの中で生かされていくことと思います。

トラックバック (承認制)