山の手地区 納涼盆踊り大会(二日目)

 8月13日(日)は山の手地区納涼盆踊り大会の二日目。この日は曇り空ながら雨は降っておらず、天気予報も夜までは曇りのまま。そこで、山の手連合町内会では、二日目は屋外で実施することを決定。山の手会館駐車場と太陽公園で会場設営を行います。

DSCF2832_R.jpg DSCF2834_R.jpg
▲会場設営の様子

 今年も納涼盆踊り大会のメインイベントは、2日目の子ども仮装盆踊り。23人の子どもたちがエントリーし、アイデアあふれるパフォーマンスを披露しました。

DSCF2840_R.jpg DSCF2861_R.jpg
▲仮装をして踊る子供たち

DSCF2878_R.jpg
▲盆踊りをする子供たちが増えて踊りの輪が二重になる程の盛況ぶり

 30分ほどで子供盆踊りが終了し、親子盆踊りの時間になりました。親子盆踊りを楽しみながら、仮装大会の審査発表を待ちます。親子盆踊りも沢山の人の踊りで賑わいます。

DSCF2886_R.jpg
▲親子盆踊りの様子

 いよいよ審査発表です。まずは審査委員長でもある河村実行委員長からの講評です。「子供たちの仮装の題材選びや衣装の工夫が素晴らしく、とても楽しかった。来年も是非参加して、楽しい仮装を見せてください。」とのお話がありました。

DSCF2893_R.jpg
▲講評を行う河村委員長

 続いて表彰です。審査の結果、「カールおじさん」の仮装を披露した男の子が優勝。他にもピカチューやスーパーマリオ、ポケモンのビクティニなどの仮装が上位にランクインしました。ほかにもアラレちゃんの仮装や、ピーターパン、マジシャン、ミニオンズなどに仮装した子供たちも注目を集め、好成績を残しました。

DSCF2897_R.jpg DSCF2900_R.jpg
DSCF2906_R.jpg DSCF2907_R.jpg
DSCF2909_R.jpg DSCF2911_R.jpg
DSCF2913_R.jpg DSCF2915_R.jpg
DSCF2916t_R.jpg
▲表彰の様子

 表彰が終わったところで、盆踊りは終了です。引き続き、昨日同様に夏祭りに入ります。
 まずは子供のスイカ割り大会です。昨日同様、10人の子供たちが挑戦しました。昨日よりも小さいお子さんが多かったのですが、頑張ってスイカを狙い、バルーンのバットを振ります。

DSCF2925_R.jpg DSCF2929_R.jpg
▲スイカ割りの様子

 続いて、大人のラムネ早飲み大会です。今日も3組15人の大人が挑戦です。今日も子供たちの声援を受けながら一位を目指してラムネを飲みますが、どうしても慌てるとビー玉が飲み口を塞いでしまいます。中には炭酸で吹き出す人もいました。

DSCF2934_R.jpg
▲ラムネ早飲み大会の様子

 最後は、スイカ割大会のスイカが来場の皆さんに提供されました。

DSCF2939_R.jpg
▲来場者にスイカの提供

 大変多くの来場者があったため、露店の品物も予定より早く無くなり、少し早目の時間で終了。
 雨天時の盆踊りと、晴天時の盆踊りの両方を行ったことで、2つの楽しみ方ができた今年の盆踊りは、例年の倍の楽しみ方ができたのではないでしょうか。
 雨天時の対応が滞りなくできたのは、山の手連合町内会がこれまで山の手会館を活用した各種イベントで蓄積した経験があったからです。また、山の手会館があればこそ、例え雨でも盆踊りと夏祭りを楽しめるようになりました。
 地域の皆さんの力で建てた山の手会館。その会館が、地域のために最大限に有効活用されていることが確認できた2日間でした。
 地域の商店、企業からも多くの協賛や奉仕品の提供もあり、山の手地区の地域のみなさんの力で成し遂げたこの行事。訪れた皆さんの楽しい夏の思い出になったことと思います。

トラックバック (承認制)