三角山小学校四年生の登山授業

 7月20日(木)、三角山小学校四年生児童の登山授業がありました。
 三角山小学校では、毎年7月23日に実施している「ふみの日登山」に合わせて登山授業を実施していましたが、今年のふみの日は日曜日で小学校はお休み。
 そこで、山の手まちづくりセンターと共同で、ふみの日の前の平日のこの日、登山授業として三角山の山頂にポストを設置し、子供たちに手紙を出してもらうことにしました。

 天気が心配でしたが、ちょうど登山授業の時間帯は良く晴れた天気になりました。

DSCF2643_R.jpg
▲山頂で子供たちを待つ三角山ポスト

 三角山の登山道は狭いところも沢山ありますが、その中をみんなで協力して列を作って登山してきた子供たち。山頂に着いたところで、順番にポストにハガキを入れていきます。

DSCF2653_R.jpg DSCF2654_R.jpg

DSCF2658_R.jpg
▲三角山ポストにハガキを入れる子供たち

 山頂ではキアゲハも見られました。

DSCF2646_R.jpg DSCF2651_R.jpg
▲山頂のキアゲハ。

 この日のためにハガキを書いてきた三角山小学校四年生のみなさん。ふみの日(7月23日)の登山ではありませんが、三角山から手紙を出すというこの授業の中で、手書きのハガキで想いを伝えるという経験をしてもらえたと思います。

トラックバック (承認制)