平成29年度 山の手小 スクールゾーン実行委員会

 7月13日(木)、山の手小学校において平成29年度 第1回 スクールゾーン実行委員会が開催されました。
 スクールゾーン実行委員会は、小学校の通学路などのスクールゾーンにおいて、子どもの交通事故防止を最重点に、小学校とPTA、山の手地区の連合町内会、交通安全実践会、交通安全指導員会、交通安全母の会、セーフティ・ネットなどの団体及び西警察署や西区役所各部等の関係機関が一体となって交通安全の諸施策を推進することを目的にしています。
 委員長は、山の手小学校PTA会長の土屋会長です。

 委員会は、事務局である吉田先生の進行により開会しました。
 最初に土屋委員長から挨拶があり、続いて、山の手小学校の山谷校長先生から挨拶がありました。

DSCF2615b_R.jpg DSCF2620b_R.jpg
▲挨拶を行う土屋委員長と山谷校長先生

 その後、議事に入り、平成29年度における山の手小学校の安全指導、通学路の危険個所等の確認を行います。

DSCF2623_R.jpg
▲事務局の吉田先生の進行・説明の様子

 続いて、平成28年度の事業報告と収支決算報告、平成29年度の事業計画案と収支予算案を審議。いずれも承認されました。
 また、山の手小学校の通学路に関して、児童の安全確保の状況と今後の対策にかかる意見交換を行いました。

 今週の火曜日、7月11日からは夏の交通安全市民総ぐるみ運動期間が始まっています。子どもたちの登下校の安心・安全確保のため、スクールゾーン実行委員会では、PTA、先生、連合町内会を始めとする地域のみなさんや関係機関が連携して様々な取組みを行っていきます。

トラックバック (承認制)