赤十字奉仕団山の手分団による清掃奉仕

 7月6日(木)、赤十字奉仕団による清掃奉仕活動がありました。

 赤十字奉仕団は、日本赤十字社のもとに結集するボランティア団体で、赤十字の原点「人道」の精神に基づき、様々な奉仕活動に取り組んでいます。
 山の手分団は、平成3年に創設。以来、25年以上の長きにわたり、地元の小学校や福祉施設に手作りの雑巾やウエスを寄贈しているほか、日本赤十字社の社資募集運動や赤い羽根共同募金運動を行っています。

 今日は、朝9時30分に、奈良恵子分団長はじめ、団員の皆さんおよそ30名が、山の手まちづくりセンターに集合しました。団員のみなさんは、4班に分かれ、清掃奉仕活動に出発。琴似栄町通りと山の手通りを、ゴミ袋を片手に、タバコの吸い殻や空き缶、植樹桝の花がらなどを拾いながらくまなくきれいにしました。

DSCF2481_R.jpg DSCF2486_R.jpg
▲4班に分かれて清掃奉仕中の、赤十字奉仕団山の手分団の皆さん

 団員みなさんの努力で、山の手の”顔”とも言える琴似栄町通りと山の手通りがきれいになりました。
 今後も”きれいな山の手のまち”を維持するための様々な活動が、赤十字奉仕団や地域のみなさんの取り組みにより続いていくことと思います。

トラックバック (承認制)