「特殊詐欺警報」の発令(北海道警察本部より)

【特殊詐欺警報発令!!(29.7.3)】
『警察官』や『金融庁職員』をかたるオレオレ詐欺の連続発生

○ 道内において「警察官や金融庁職員をかたるオレオレ詐欺」が連続発生しており、
 更に被害が拡大するおそれがあることから、本日、【特殊詐欺警報】を発令しました。

○ 警報の概要は、
・発令期間~7月3日から7月16日まで
・発令区域~北海道全域
・発令内容 
 警察官や金融庁職員かたる者から、
  「詐欺の犯人を逮捕しました。」
  「あなたの名前の偽造された通帳がありました。」
  「預金が引き出されるおそれがあります。」
  「通帳とキャッシュカードを作り直す必要があります。」
  「暗証番号を教えてください。」
  「キャッシュカードを確認します。」
 などと言って、被害者方を訪問して、暗証番号を聞き出し、キャッシュカードを
 だまし取るものです。

○ 被害は、江別市、小樽市、北広島市で起きているほか、道内各地に予兆電話が入っていることから、
 全道レベルで最大限の警戒をお願いいたします。

【金融機関の皆様へ】
○ キャッシュカードをだましとる手口については、犯人がATMで引き出すことから、
 ATMでの不正な取引等があった場合は、即、通報をお願い致します。
○ また、キャッシュカードをだましとる場合のほか、警察官等をかたって
  「お金が不正に引き出されるので全額おろしてきた方がよいです。」
 と言って現金を手元に置かせたうえ、
  「お札の指紋を調べます。」
 などと言って現金をだまし取る手口に発展するおそれもあることから、引き続き、
 窓口での高額現金引き出し、解約手続きの取扱いの際は、確実な声掛けと確実な全件通報を
 お願いします。
○ 声掛けの際は、上記事件の事例を紹介していただくなど情報を活用してください。

【コンビニ事業者の皆様へ】
○ だましとったキャッシュカードから現金を引き出す犯人は、コンビニATMを利用することが多いことから、
 手続きに戸惑っている、複数回おろしに来る、防犯カメラを気にしたり、マスク等で顔を隠すなど様子が
 不審であるなどの状況がある場合は、積極的に通報をお願い致します。

トラックバック (承認制)