FC2ブログ

今年も緑のカーテンを始めました

緑のカーテンをご存知ですか?
つる性の植物を窓の外などに這わせてつくる、植物のカーテンのことです。
天然のカーテンで室内温度の上昇を抑えてくれるばかりか、身近に緑を育てることで、生活に潤いが生まれます。
今年も北海道は、原発停止の影響で夏場に電力不足が予想され、エアコンや扇風機など電気製品を使わなくても、緑のカーテンを育てれば、部屋の温度を抑えることができ、ゴーヤやヘチマなど”実”の収穫も期待できます。

今年も、山の手地区全体への広まりを期待して、まちづくりセンターの呼びかけに協力してくれた、山の手会館をはじめとする学校や児童会館、保育園、医療・介護施設等合計12施設で試行に協力いただいております。
近くにいらっしゃった折には、ご覧になってください。
参加事業所等詳しくは下の解説板をご覧ください。
緑のカーテン(H25山の手地区)
▲緑のカーテン解説板(クリックで拡大表示)

皆さんのご家庭でも、ぜひ緑のカーテンを育ててみましょう!
各事業所での、緑のカーテンの生長の様子は、随時当ブログで報告して行きます。
緑のカーテンについての詳細は、にこちらをご覧ください。
札幌市環境局”緑のカーテン”のホームページ

2013620山小       2013617ミニ児
▲山の手小学校6年生が植付け(ゴーヤ・キュウリ)▲山の手南小学校ミニ児童会館(ゴーヤ・ヘチマ・キュウリ)
 (2013年6月20日定植)               (2013年6月17日定植)
2013624 (図書館)       2013624(乳児)
▲山の手図書館(アサガオ)              ▲山の手乳児保育園(アサガオ・つるありインゲン)
2013624セージュ       201374まちセン
▲セージュ山の手(アサガオ・ゴーヤ・ヘチマ)     ▲山の手まちづくりセンタ(アサガオ)

トラックバック (承認制)