山の手地区パークゴルフ大会が開催されました

 9月30日(土)、鉄興公園パークゴルフコース(西区発寒13条11丁目)にて、平成29年山の手地区パークゴルフ大会が開催されました。本大会は、住民相互の親睦とパークゴルフを通じた健康づくりを目的に、今年で18回目の開催となります。
 主催は山の手連合町内会。大会長は河村会長、副大会長を上田副会長、競技委員長を栗山環境衛生部長が務めます。

 この日は、前日の雨の名残で空には雲が多くありつつも秋らしいさわやかな天気となる中、山の手地区にお住まいの男性25人、女性15人の総勢40人の皆さんが集合しました。

DSCF3930_R.jpg
▲集合した参加者のみなさん

 本間総務部長の司会進行で開会式が始まりました。まず最初に、上田副大会長の主催者挨拶です。

DSCF3931_R.jpg DSCF3936_R.jpg
▲司会進行をする本間総務部長と開会式で挨拶をする上田副大会長

 続いて栗山競技委員長からルール説明等がありました。

DSCF3942_R.jpg
▲ルール等の説明を行う栗山競技委員長

 開会式終了後、午後2時の始球式でいよいよ競技開始です。
 始球式は草原コースと林間コースに分かれ、前回大会の男性の部で優勝した宮崎さんが草原コース、女性の部で優勝した馬場さんが林間コースの始球式を行いました。

DSCF3945_R.jpg DSCF3948_R.jpg
▲前回の女性の部で優勝した馬場さんと男性の部で優勝した宮崎さんの始球式

 今日はグリーン上のカップの位置が難しくなっている中、皆さん力強くも慎重なコントロールショットでプレーし、熱い戦いを繰り広げました。

DSCF3952_R.jpg DSCF3951_R.jpg
▲ティーショット!

DSCF3955_R.jpg DSCF3958_R.jpg
▲グリーン上でカップを狙います

 競技終了後は、会場を山の手会館(西区山の手3条2丁目)に移して表彰式と懇親会を開催。運動後の心地よい疲労感の中、お互いの健闘をたたえながら懇親を深めました。

 優勝の栄冠を手にしたのは、男性の部が馬場儀男さん。パー66のコースで、スコアは50。女性の部は勝田啓子さんが優勝。スコアは51でした。
 ほかの皆さんも日頃の練習の成果をいかんなく発揮されました。

DSCF4013_R.jpg
▲見事優勝のお二人 男性の部 馬場さん(左) 女性の部 勝田さん(右)

成績上位者は以下のとおり。
○男性の部
 優勝  馬場 儀男さん(スコア50)
 準優勝 富澤 洋さん(スコア50)
 第3位 宮崎 正之さん(スコア50)

○女性の部
 優勝  勝田 啓子さん(スコア51)
 準優勝 松井 ひろ子さん(スコア52)
 第3位 赤裏 清美子さん(スコア54)

 今年はコースコンディションは良かったのですがカップの位置が難しく、スコアが伸び悩んだようです。昨年に続き50を切ることはありませんでしたが、難しい要素があるからこそ盛り上がるこの大会。来年の大会ではもっと白熱した接戦が見られるはず。期待しましょう!

 山の手連合町内会では、地域のみなさんが参加できるイベントを次々と実施していきます。
 10月8日(日)、9日(月・祝)は山の手文化祭を予定しています。みなさん、お楽しみに!

琴中フェスティバル

 9月28日(木)、29日(金)の2日間、琴似中学校(西区山の手4条2丁目)において、琴中フェスティバルが開催されました。

DSC_1566_R.jpg

 2017年の琴中フェスティバルのテーマは「MOVE ON!」。その意味は「一人ひとり進む速さや歩幅は違っても、最高の琴Fにするために全員で団結し、どこまでも前に進んでいこう。」と説明されています。

 夏休み明けから準備してきた2学期の一大イベント。一日目の28日(木)は、開会式から全国大会出場を決めた合唱部のステージがあり、続いて一年生のステージ発表がありました。
 二日目の29日(金)は、二年生、三年生のステージ発表があり、その後、吹奏楽部のステージと続きます。

 ※ 素晴らしい盛り上がりを見せる琴Fの開会式やステージの様子は琴似中学校のサイトをご覧ください。
 <琴似中学校のサイト

 両日とも大変な盛り上がりで、琴中の生徒たちの日頃の活動の成果が表れていました。
 充実した中学校生活の成果を見せる生徒たちの更なる成長を期待して、地域で見守っていけたらと思います。

西区連合町内会会長・女性部長合同研修会が開催されました

9月28日(木)、西区連合町内会会長・女性部長合同研修会が開催され、西区内の11の連合町内会の会長、女性部長が参加しました。
 毎年、西区内の各連合町内会におけるまちづくり活動推進のため、テーマを設けて学習するこの研修会。今年は、環境推進に関する意識を深めるために上水道の仕組みを理解すること、2026年の冬季オリンピック・パラリンピック招致活動についての理解を深めることをテーマに、藻岩浄水場と水道記念館、大倉山の札幌オリンピックミュージアムを見学します。

 藻岩浄水場と水道記念館では、豊平川の上流の豊平峡ダムと定山渓ダムの水を取水し、上水道を作って配水する一連の工程について、実験を交えた説明を受け、浄水施設の見学を行いました。

DSC_1565_R.jpg DSC_1570_R.jpg
DSC_1580_R_20170929115442f05.jpg
IMG_1215_R.jpg IMG_1217_R.jpg
▲藻岩浄水場・水道記念館の見学の様子

 大倉山の札幌オリンピックミュージアムでは、学芸員の方から冬季オリンピックの歴史や過去の大会の記録などについて説明を受け、競技用具や競技体験コーナーなどを見学しました。

IMG_1238_R.jpg
DSC_1594_R.jpg DSC_1604_R_201709291155098c5.jpg
DSC_1607_R_20170929115511e59.jpg DSC_1609_R.jpg
DSC_1617_R.jpg
▲札幌オリンピックミュージアムの見学の様子

 札幌市の上水道に関しては、西区にも西野浄水場があります。また、冬季オリンピックに関しては、幻のオリンピックとなった1940年(昭和15年)のオリンピックで回転競技場として選ばれていたのは三角山でした。西区の地域や歴史に結びついたテーマによる今回の研修。これからの地域のまちづくりの中で生かされていくことと思います。

山の手地区社会福祉協議会役員会

 9月26日、山の手地区社会福祉協議会の役員会が山の手会館(西区山の手3条2丁目)で開催されました。
 今年度から「まちづくりサロン」の位置付けを見直しているため、昨年度までのまちづくりサロンとの同時開催ではなく、単独での開催となりました。
 議題は平成29年度の共同募金活動について。山の手地区社会福祉協議会は、西区共同募金会の山の手分会でもあります。
 最初に、遠藤会長からの挨拶があり、早速議事に入りました。

 昨年度の共同募金の実績、今年度の活動予定などを役員で確認、その後、活発に意見交換を行いました。
 山の手地区では、10月1日~3日の間、街頭募金活動も行います。山の手3条6丁目、山の手1条7丁目の山の手通り付近で行っておりますので、ご協力をお願いいたします。

オレオレ詐欺の発生~2対策編(西警察署より)

 警察官が「だまされた振り作戦」として本物のキャッシュカードや現金の提供をお願いすることはありません。たとえ警察官や金融機関の職員などと名のる者から電話を受けた場合でも、絶対に知らない人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えてはいけません。
 今後も同様の電話が懸念されますので、メールを読まれた方は、家族や地域の皆様とお互いに注意し合うようにし、皆様の絆でオレオレ詐欺を撃退しましょう。
【配信:西警察署011-666-0110】

オレオレ詐欺の発生~1概要編(西警察署より)

 9月25日、特殊詐欺センタ-職員を名のる男から「犯人を取り押さえたいので協力して欲しい」と被害者宅に電話があり、その直後、警察官を名のる男が被害者宅を訪問し、「あなたの通帳が犯人に使われている。犯人を捕まえるためにあなたの通帳やキャッシュカードを預からせて欲しい」などと言い、被害者から通帳及びキャッシュカードをだまし取るオレオレ詐欺事件が発生しました。
 なお、同日中、西警察署管内では、警察官などをかたる同様の電話を他に4件認知しています。
【配信:西警察署011-666-0110】

容姿の撮影事案の発生について(西警察署より)

 9月22日午後4時ころ、札幌市西区山の手4条5丁目付近において、帰宅中の女子中学生に対し、「こんにちは」と声掛けし、所持していた一眼レフカメラで同人の容姿を撮影する不審者が出没しました。不審者の特徴は年齢30~50歳、身長170センチメートル位、体格やせ型、白髪混じり短髪、上衣黄土色Yシャツ、下衣黄土色ズボンを着用し、茶色リュックサックを背負った男です。不審者を目撃した際はすぐに110番通報して下さい。
【西警察署:011-666-0110】

オレオレ詐欺の予兆電話に注意(西警察署より)

 9月25日午前11時40分頃、札幌市中央区円山西町地区で、警察署のオカダを名のる男からの「あなたの銀行通帳等が詐欺に使われています、警察署に来て下さい。」旨の特殊詐欺の予兆電話と思われる電話が確認されています。この電話はこの後、「来られないのであれば、警察署の組織犯罪対策係と打ち合わせして下さい。」とし、本当の警察署の電話番号を教示しているため、その真意は判然としません。
 いずれにしろ、不審な電話があった場合、自分で相手の電話番号を調べて電話をし、事実を確認するなど、防犯対策を徹底して下さい。
【配信:西警察署011-666-0110】

山の手地区「第5回 交流の広場」が開催されました

 9月24日(日)、山の手会館(西区山の手3条2丁目)において、山の手地区「交流の広場」が開催されました。主催は、山の手連合町内会。

DSC_1569_R.jpg

 山の手地区「交流の広場」は、新山の手会館を地域のために最大限活用し、地域を元気にしていこうと実施しているもので、昨年度は3回開催しましたが、それに引き続き今年度は2回の開催予定。その2回目が今回の「第5回 交流の広場」となります。
 今回も山の手地区のお店が積極的に参加。おにぎり、助六寿司、から揚げ、惣菜セット、本格スパゲティ、蒸しカキ、枝豆、フライドポテト、わたあめなどの食べ物や飲料、野菜などを低廉に販売しました。

 今回も、前日まで強めの雨が降るという天候でしたが、当日は秋晴れの良い天気。秋の開催ということで、山の手会館内にも飲食スペースを設け、会場を整えて参加者を待ちます。

DSC_1568_R.jpg
▲会場の準備を行う役員のみなさん

 開会の時間になり、山の手連合町内会の本間総務部長の進行で開会式が始まります。最初に、河村会長からの主催者挨拶がありました。

DSC_1571_R.jpg DSC_1578_R.jpg
▲司会進行を行う本間総務部長と主催者挨拶を行う河村会長

 続いて上田副会長から「交流の広場」の内容説明と出店者の紹介がありました。

DSC_1580_R.jpg
▲説明する上田副会長

 良い天気に恵まれ、「交流の広場」には多くの来場者があり、小さな子供も大人と一緒に参加して楽しんでいました。子供向けには、今回は型抜きが登場し、子供たちの人気を集めていました。大きなわたあめも、子供たちに人気です。

DSC_1590b_R.jpg DSC_1604_R.jpg
▲交流の広場の様子

 予定の終了時間になったところで、山の手連合町内会の熊井副会長からの閉会挨拶で無事に終えました。

 交流の広場で顔見知りになった若い親子連れのみなさんが繰り返し参加して、世代を超えた地域の繋がりがまた強くなりました。そして山の手の地域の皆さんの交流がどんどん広がっています!
 山の手地域のみなさんが力を合わせて作った山の手会館を、地域の多くの人が交流する賑わいの場にするこの取り組み。
 次回は来年となります。山の手連合町内会の役員のみなさんの更なる工夫で、来年もより良い行事になることでしょう!

三角山の自然歩道でのハチの注意報

 三角山の自然歩道でのハチの注意報です。

 三角山の自然歩道の「散策路案内板5番から採石跡地までの区間」はスズメバチがいるため安全確保のため閉鎖されています。解除日は未定です。
 皆さん、ハチには十分に注意願います。

 札幌市みどりの管理課の「札幌市の自然歩道のページ」で情報提供がされておりますのでご参照ください。
 <札幌市の自然歩道のページ

警察官を装う不審電話に注意!!(西警察署より)

 9月20日、警察官を名のる男から西警察署管内に居住の方に、「本州で詐欺犯人を捕まえたところ、犯人の名簿にあなたの名前や口座の情報などが載っていた。」「この事件の捜査のため、口座番号などが分かる物を持って警察署まで来てほしい。」などと不信電話がありました。
 西警察署管内では9月14日に警察官を名のる者からのオレオレ詐欺が発生しています。今後詐欺事件に発展するおそれがありますので、このような電話があった際は、警察署の電話番号を調べて電話し、事実確認をするなど注意しましょう。
(配信:西警察署011-666-0110)

秋の交通安全運動早朝街頭啓発

 朝晩めっきり涼しくなり、秋の深まりを感じる9月21日(木)、秋の交通安全市民総ぐるみ運動の早朝一斉街頭啓発が行われました。
 この早朝啓発は、全国一斉に行われる秋の交通安全運動(21日(木)~30日(土)の10日間)の一環としての取り組みです。
 山の手地区では、地区交通安全実践会を構成する連合町内会や各町内会、交通安全指導員会、交通安全母の会、山の手小学校と山の手南小学校の教師とPTA、山の手高校ボランティア部の生徒と教師の皆さんが参加。
 集まった皆さんが7時45分から8時30分までの早朝、北洋銀行山の手出張所前とメシアニカビル前の2カ所の交差点で、タスキや手旗とアナウンスによる啓発活動を行いました。

 秋の交通安全市民総ぐるみ運動の重点は、①子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止、②夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止、③全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、④飲酒運転の根絶の4つ。

 2カ所の交差点では、マイクを握った連合町内会役員の方や交通安全母の会の方が、行き交うドライバーや通勤・通学中の市民に、運動の周知と交通事故防止を呼びかけました。
 この時期、夕暮れ時や夜間は、ドライバーから歩行者や自転車が見えにくくなります。歩行者の皆さんは明るい服装や夜光反射材の着用を心がけ、交通事故の危険から、自分の身を守りましょう。
 ドライバーの皆さんは、車道の自転車や、高齢者に十分注意し、スピードを控えて安全走行に努めてください。

DSCF3906_R.jpg
▲マイクで街頭放送を行う山の手連町の本間総務部長。交通安全母の会の佐藤会長、山の手高校ボランティア部の生徒も街頭放送を行いました。

DSCF3902_R.jpg DSCF3903_R.jpg
DSCF3904_R.jpg DSCF3905_R.jpg
▲北洋銀行前の街頭啓発の様子。山の手小学校の山谷校長先生や山の手高校の西岡校長先生も参加されました。

DSCF3893_R.jpg
▲メシアニカビル前で街頭放送を行う山の手連町の小野女性部副部長。街頭放送は交通安全母の会の山本さん(元連町女性部副部長)、交通安全実践会の熊井会長も行いました。

DSCF3887_R.jpg DSCF3892_R.jpg
DSCF3898_R.jpg
▲メシアニカビル前の街頭啓発の様子。琴似中学校の今川教頭先生と山の手小学校の藤塚教頭先生も参加しています。

DSCF3890_R.jpg
▲マスコット犬のうなちゃん。

山の手商工振興会の第1回役員会が開催されました

 9月20日(水)、山の手商工振興会の第1回役員会が山の手会館(西区山の手3条2丁目)で開催されました。

DSCF3880_R.jpg

 9月10日の設立総会によって発足した山の手商工振興会の初めての役員会。この日は役員以外の発起人も参加し、これまでの発起人による準備活動からの引継ぎが行われ、今後の活動の具体的な内容を話し合いました。
 最初に鈴木会長から挨拶があり、その後、議事に入ります。設立総会で平成29年度予算とともに承認された今後の活動計画どおり、山の手商工振興会ニュースの発行、商工マップの作成、タウン情報誌の作成等について様々な意見を交わし、熱の入った議論が行われていました。
 地域への貢献により会員の事業発展を目指す山の手商工振興会は、今後、町内会回覧などを通じ、山の手地域の皆さんの注目を集めていくことになると思います。これからの活動が楽しみです。

両替時にお金を騙し取る事件の発生(西警察署より)

 9月中、札幌市西区の店舗において、レジ店員に、1万円札3枚を5千円札6枚にするよう依頼し、その後、犯人は、受け取った5千円札を1枚抜き取り、あたかも5千円札が6枚あるかのように装い5枚の5千円札を渡しながら「5千円札6枚をさらに両替してほしい」と再度両替を依頼し、結果5千円分の現金を騙し取る事件が発生しました。
 犯人は、年齢50歳代くらい、身長175センチメートルくらい、白髪交じりの長髪の男性です。両替等の対応をすることのある方は、注意して下さい。 
(西警察署 011-666-0110)

平成29年度山の手地区敬老会の開催

 9月16日(土)、敬老の日より一足早く、山の手会館(西区山の手3条2丁目)で、山の手地区敬老会が開催され、地域の高齢者の皆さん123名が出席されました。
 敬老会は、山の手地区福祉のまちふれあいセンターや山の手連合町内会の役員の皆さんなどが実行委員会を組織して毎年開催しているもので、今年で37回目となります。

DSCF3747_R.jpg

 この日のために準備を行ってきた実行委員の皆さんは、前日の午後から横断幕の取り付け、机・椅子の設置などの会場設営を行い、敬老会当日の朝には受付の準備も整って会場の机の上には用意したお弁当、お土産のお菓子なとがきれいに並べられ、おもてなしの心あふれる様子となっていました。

DSCF3744_R.jpg

 開会は午前10時30分から。
 中村実行委員(福まち運営委員会事務局長)の司会で会は始まり、河村副実行委員長(山の手連合町内会長)の開会挨拶、遠藤実行委員長(福まち運営委員長)からの主催者挨拶、矢萩西区保健福祉部長と白岩西区社協事務局長の来賓挨拶、出席者を代表して第26町内会の塚本様によるお礼の言葉に引き続き、山の手まちづくりセンター所長の祝杯で開宴となりました。

DSCF3748_R.jpg DSCF3753_R.jpg
▲開会挨拶を行う河村副実行委員長と主催者挨拶を行う遠藤実行委員長

DSCF3754_R.jpg DSCF3757_R.jpg
▲来賓挨拶を行う矢萩保健福祉部長と白岩西区社協事務局長

DSCF3760_R.jpg
▲塚本様からのお礼の言葉

 その後、園芸の部に入り、おどり、マジック、ダンスが披露されました。

DSCF3764_R.jpg DSCF3770_R.jpg
▲第9町内会の阿部マサ子さんのおどり「おやじの海」

DSCF3772_R.jpg DSCF3779_R.jpg
▲乃生さん、小松谷さんのマジック

DSCF3788_R.jpg DSCF3799_R.jpg
DSCF3840_R.jpg DSCF3846_R.jpg
▲山の手会館でダンス教室を開催しているヤヨイダンスカンパニーのキッズダンス

DSCF3850_R.jpg DSCF3863_R.jpg
▲寿楽会の富田さん、関根さんによるおどり「島のブルース」

 演者の皆さんは、日頃の練習の成果を発揮し、場内は最後まで拍手と歓声で大いに沸いていました。

 およそ2時間にわたる楽しい会の最後は、皆さんが健康で元気に来年再会できるよう祈念して、敬老会出席者を代表して寿楽会の山内会長が「元気に頑張るぞ!」と掛け声をかけ、会場の皆さんで元気に唱和。

DSCF3869_R.jpg DSCF3873_R.jpg
▲山内寿楽会会長の掛け声

 最後は、福井福まち運営副委員長(地区民生児童委員協議会副会長)の閉会のことばでお開きとなりました。

DSCF3875_R.jpg
▲福井福まち運営副委員長の閉会のことば

 今回の敬老会参加者の最高齢は102歳。また、高齢者の参加も過去最高の120名超えとなりました。多くの山の手地区の皆さんで長寿をお祝いした一日となりました。

オレオレ詐欺事件の発生について(西警察署より)

 9月14日、西警察署管内で、警察官を名のる者から「だまされた振り作戦に協力して欲しい」「男が来たらキャッシュカードを渡し、暗証番号を伝えて欲しい」と電話があり、キャッシュカードを手渡してしまったオレオレ詐欺が発生しました。
 警察官や金融機関職員を名のる者から電話があったとしても、絶対に知らない人にキャッシュカードや通帳などを渡したり、暗証番号を教えてはいけません。
 また、警察官が行う「だまされた振り作戦」では本物のキャッシュカードや現金を使うことはありません。
【配信:西警察署011-666-0110】

山の手にこにこ図書館 「豆本作成講習会」

 9月13日(水)、山の手小学校において山の手にこにこ図書館による豆本作成講習会が開催されました。

 豆本とは、折り紙で作る小さな本。折り紙としての難易度もなかなかのものなので、今回は児童向けではなく大人向け。
 作成過程を12段階に分けた折り方の説明も用意されています。

DSCF3720_R.jpg DSCF3722_R.jpg
DSCF3724_R.jpg
▲豆本の折り方

 慣れないと一冊作るのにも時間がかかります。
 図書館ボランティアの方に教わりながら、初めて作成してみた完成品は、まさに小さな本。

DSCF3729_R.jpg DSCF3728_R.jpg
▲完成した豆本。一枚の折り紙で出来ているとは思えません。青い箱は色画用紙で折った本箱です。

 中の白い部分に絵や文章を書き入れたら楽しい豆本の出来上がりです。
 家庭で子供と一緒に豆本作りをして本に親しむ機会が増えたらと思います。

 ところで、山の手にこにこ図書館には、この豆本でミニチュア図書館が飾ってあります。

DSCF3734_R.jpg DSCF3736_R.jpg
▲豆本が並んだミニチュア図書館

DSCF3735_R.jpg
▲カウンターもあります。受付にはぶっくろうが座っています。

 山の手にこにこ図書館では、児童、保護者にとっていつでも本が身近であるように、今後も様々なイベントを行います。

西区ご当地体操「エコロコ!やまべェ誰でも体操」

 西区ご当地体操である「エコロコ!やまべェ誰でも体操」。
 この体操は、地域にお住まいの皆様が、いつまでも生き生きと暮らせるように区民の皆様と一緒に制作された”介護予防”に重点を置いた体操です。
 山の手地区にも、福祉のまち推進センター運営委員や事務局、子供会役員や地域で健康づくり活動をしている団体などがあり、たくさんの普及員さんが活動しています。

 その中の一つ、西区山の手1条6丁目にあるOPPO(オッポ)では、毎週水曜日の夕方5時から「エコロコ!やまべェ誰でも体操」を、普及員の指導のもとで行うことができます。

DSC_1558_R.jpg
▲OPPO(オッポ)でのやまべェ体操の様子

DSC_1563_R_20170913171539523.jpg
▲普及員の大森さんがビデオも使って優しく指導してくれました

 「エコロコ!やまべェ誰でも体操」は7分間の体操に、転倒予防のストレッチ、バランス感覚の向上、筋力トレーニングの要素があり、元気な方から身体に不安がある方まで、老若男女どなたでもできる体操です。立位だけでなく、座ったままでもできますし、若い人の運動不足解消にも良いです。

 「エコロコ!やまべェ誰でも体操」。是非、体験してみてください。

山の手商工振興会の設立総会が開催されました

 9月10日(日)、山の手商工振興会の設立総会が山の手会館(西区山の手3条2丁目)で開催されました。

 これまで商工団体が無かった山の手で、設立の契機となったのは、2年前に作成された山の手連合町内会の50周年記念誌。その中で、連合町内会が進める山の手のまちづくりの展望として「商工団体の設立」が提起されていたのです。
 山の手連合町内会の期待に応えるように、山の手の事業者の数名が発起人となり、設立準備会を発足。これを山の手連合町内会も後押しする形で、これまで活動してきました。

 この日は、設立に賛同する事業者による設立総会。発起人らが事務局となって準備し、開催しました。
 最初に、発起人代表の箕和田さんからの挨拶があり、総会がスタート。

DSCF3702_R.jpg
▲挨拶を行う発起人代表の簑和田さん

 西区地域振興課を代表して山の手まちづくりセンター所長から来賓挨拶があった後、今回の設立を支援した山の手連合町内会の上田副会長から挨拶がありました。

DSCF3706_R.jpg
▲挨拶を行う上田副会長

 続いて議長選出の後、議事に入り、会則、役員、予算について審議・決定。山の手地域にある事業所等のうち、およそ100社(団体)が会員となり、遂に山の手商工振興会が発足しました。

DSCF3711_R.jpg
▲会議の様子

 発足時の会長に就任したのは発起人の一員でもあった稚内信用金庫琴似支店の鈴木支店長。閉会に当たっての挨拶で「会員の事業発展と山の手地域の繁栄のために力を合わせていきましょう。」と結束を呼び掛けました。

山の手みなみクラブの秋祭り

 9月9日(土)、共同学童保育所 山の手みなみクラブ の秋祭りが白銀公園(西区山の手1条10丁目)で開催されました。

 毎年のこの時期に、山の手みなみクラブが地域との交流を図るお祭りとして開催している秋祭り。今年もたくさんの人で賑わいました。

DSCF3686_R.jpg
▲お祭りの様子

 販売品の焼きそばやフランク、焼肉や飲み物なども好評でした。焼きそばなどを食べながら、地域の方と山の手みなみクラブの指導員、保護者の皆さんが交流したほか、卒所した子供たちやその保護者も来場して旧交を温めていました。
 また、恒例のビー玉つかみ大会では、たくさんの児童が集まって楽しんでいました。

DSCF3693_R.jpg DSCF3695_R.jpg
▲たくさんの子供たちが集まる恒例の「ビー玉つかみ大会」

DSCF3697_R.jpg
▲掴んだビー玉の数をみんなで数えます

 これからも山の手みなみクラブは、共同学童保育所として、地域の児童育成の一翼を担っていきます。

山の手保育園の運動会

 9月9日(土)、山の手保育園の運動会が山の手小学校グラウンドで開催されました。

DSCF3599_R.jpg

 この日は早朝に雨が降りましたが、運動会の時刻には晴れて良い天気に。空に大きな雲は見えますが、太陽も出て気温も丁度良く、運動会日和となりました。

DSCF3664_R.jpg


 園児たちは広いグラウンドで、思い切りよく元気に駆け回っていました。

DSCF3594_R.jpg DSCF3606_R.jpg
▲みどり組の障害物競争「31ひきのねこのぼうけん」。ねこになって走り、最後はドラネコダンス!

DSCF3608_R.jpg
▲異年齢での競技。年長の青組さんが小さな園児と一緒に走ります。

DSCF3622_R.jpg
▲卒園児童による「地域かけっこ」。卒園児童も運動会を楽しみます!

DSCF3630_R.jpg
▲保護者・卒園児童らの玉入れ。たくさんの保護者や児童で玉入れも白熱!

DSCF3637_R.jpg DSCF3641_R.jpg DSCF3644_R.jpg
▲黄組の表現「すいかだいすき」では、大きなスイカがグラウンドに登場しました!

DSCF3672_R.jpg
▲グループ対抗リレーは小学校の運動会のような盛り上がりを見せました!

DSCF3683_R.jpg
▲最後は青組さんの「終わりの言葉」で運動会の閉会です。

 多くの保護者や地域の方が見守る中、運動会のプログラムごとに並びなおしたり、移動したりする園児たち。いつもより広いグラウンドで移動の距離も少し大きくなりますが、園児自らが整列する位置や並び順を、声を掛け合って確認していました。
 保護者の皆さんも、園児たちの成長を見ることができた一日になったかと思います。

 山の手保育園の皆様、父母の会を始めとする保護者の皆様、お疲れまでした!

山の手地区敬老会実行委員会が開催されました

 9月7日(木)、山の手地区敬老会実行委員会が山の手会館(西区山の手3条2丁目)で開催されました。
 今年の敬老会は9月16日(土)に開催する予定。この日は、敬老会の開催を間近に控え、最終的な確認や調整事項を、実行委員の皆さんで話し合いました。

DSCF3580_R.jpg
▲進行を行う山の手地区福祉のまち推進センター事務局の中村事務局長

DSCF3583_R.jpg
▲会議の様子

 敬老会の進行や全体での準備事項、各係の役割分担の確認などを終えた後、当日の段取りや細かな担当分けなどを、総務係、接待係、演芸係、会場係、受付係、駐車場係などに分かれて話し合いを行いました。

 長寿をお祝いする敬老会が地域の皆様によって楽しい会となるよう、実行委員の皆さんは準備に余念がありません。地域の皆さんのがんばりで、今年の敬老会も盛会となることでしょう。

山の手会館防災訓練

 9月5日(火)、山の手連合町内会主催の「山の手会館防災訓練」が行われました。

 これは、「山の手会館を山の手地域の防災の拠点とする」という山の手会館建設の4つのスローガンの一つを実践するものとして昨年から行われているものです。

 昨年に続いて2度目となる今年の訓練では、より実践的になるよう、実際に使用する防災備品の範囲を拡大するとともに、自主防災組織の各班が本部の指示に基づいて活動するシナリオ。
 山の手連合町内会役員のみなさんで本部席テントと訓練参加者テントを建て、訓練の開始を待ちます。

DSCF3518_R.jpg
▲訓練開始を待つみなさん

 開始時間までに山の手地区の単位町内会の皆さんが集まり、山の手連合町内会役員と合わせて総勢40名ほどで、いよいよ訓練開始です。訓練の進行は上田副会長が行い、河村会長の挨拶で始まります。

DSCF3520_R.jpg DSCF3521_R.jpg
▲進行をする上田副会長と挨拶をする河村会長

 最初に、上田副会長が自主防災組織の統括部長として、各班の班長へ訓練の実施内容を説明。それを受けて各班がそれぞれの担当作業を実施します。

DSCF3524b_R.jpg
▲統括部長として各班へ説明を行う上田副会長

DSCF3530_R.jpg DSCF3528_R.jpg
▲山の手会館2階から避難はしごをかけて避難する訓練を実施

DSCF3532_R.jpg
▲カセットガス式発電機の操作訓練

DSCF3539_R.jpg DSCF3544_R.jpg
▲消化作業訓練(消火器は訓練用消火器を使用)

DSCF3574_R.jpg
▲防災用非常食による炊き出し訓練

 また、各班から防災資機材の使用方法や注意点などを参加者に説明。参加者全員の防災知識の向上を図ります。

DSCF3559_R.jpg
▲カセットガスボンベを使用したヒーターの取り扱いを説明

DSCF3563_R.jpg
▲簡易トイレの使用方法を説明

 最後に河村会長が訓練状況を総括・講評し、今回の訓練は終了しました。

DSCF3575_R.jpg
▲河村会長の講評

 これから更に検討を重ね、山の手会館を拠点として活用し、地域防災力を高めていく山の手連合町内会。山の手の安心安全を守るための活動は続きます。

健康まつり2017in山の手の反省会が開催されました

 9月5日(火)、健康まつり2017in山の手の反省会が山の手会館(西区山の手3条2丁目)で開催されました。

 8月26日(土)に開催した「健康まつりin山の手」を振り返り、来年度の健康まつりをより良いものにしようと開催されたものです。
 最初に健康まつりを主催した山の手地区福祉のまち推進センターの遠藤運営委員長から挨拶があり、反省会はスタート。運営に携わった地域の方や関係機関の方が気づいたことや、来場者からの声を話し合いました。

DSC_1552_R.jpg
▲挨拶を行う遠藤運営委員長

DSC_1556_R.jpg
▲会議の様子

 足指力を測定を担当した地域の方からは、「測定をする側になって、足の指の力が衰えると歩行に支障が出たりするので、こうした測定が非常に重要なことが分かった。そのようなことを説明しながら測定を行うようにしていきたい。」との発言もありました。まさに、地域による健康作りへの意識向上が図られていることが確認できた反省会でした。

琴似神社秋季大祭

 9月3日(日)、4日(月)の二日間に渡って、琴似神社秋季大祭がありました。
 琴似神社のお祭りは、山の手地区、八軒地区、琴似二十四軒地区の地域のみなさんが運営に携わっています。
 今年の祭典委員会委員長の当番は山の手地区ではありませんでしたが、山の手地域のたくさんの方が祭典委員会の役員、通行の安全確保等の活動を行っていました。

DSCF3461_R.jpg DSCF3458_R.jpg DSCF3452_R.jpg
▲多くの参拝者が訪れる琴似神社の様子(3日の夜)

 4日(月)にはお神輿や山車が琴似から山の手、二十四軒、八軒へと練り歩きました。

DSCF3463_R.jpg DSCF3467_R.jpg
▲出発を待つお神輿、神職、祭典役員のみなさま

DSCF3471_R.jpg DSCF3474_R.jpg DSCF3478_R.jpg DSCF3481_R.jpg
▲お神輿、山車が神社を出発する様子

DSCF3486_R.jpg DSCF3516_R.jpg
▲ラッキー山の手店の駐車場で玉串拝礼が行われ、山車で奉納舞が披露されました

NEC_0157_R.jpg NEC_0159_R.jpg NEC_0160_R.jpg NEC_0167_R.jpg
▲八軒から琴似に戻るところで、山の手さくら子供会も自作のお神輿を担いで練り歩きます

 二日間でお神輿も出る秋のお祭りは大変な賑わいです。
 山の手地域だけでなく、西区の広い地域の祭りとして多くのみなさんが楽しんだと思います。
 祭典委員を務めた地域のみなさん、通行指導等を行った地域のみなさん、お疲れ様でした。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

琴似発寒川秋の一斉清掃

 9月2日(土)、琴似発寒川秋の一斉清掃が行われ、山の手地区では、発寒河畔公園に168人の地域の方が参加しました。

 西区では、区内11の連合町内会で「川の美化事業実行委員会」を組織し、毎年、春と秋の2回、西区の母なる川、琴似発寒川の清掃活動を実施しています。
 平成2年に始まったこの取り組みも今年で26回目、毎回、西区全体で2,000人を超える参加者となるなど、西区の一大イベントに発展しています。

 この日、予報では雨が心配されているところ、天候は曇っていましたが後に太陽が顔を出し、秋晴れの天気。
 発寒河畔公園には、山の手地区の町内会や赤十字奉仕団など地域住民のほか、毎年参加されている稚内信用金庫琴似支店、北陸銀行琴似支店、西郵便局などの地元企業の皆さん、山の手児童会館の児童など、総勢168人が集まり、山の手橋から発寒橋までの清掃ボランティアを行いました。

 午前9時、集合場所に参加者のみなさんが集まり、山の手連合町内会の栗山環境衛生部長の進行で開会式が行われました。

DSCF3416_R.jpg
▲司会をする栗山環境衛生部長

 開会の挨拶を行ったのは山の手連合町内会の上田副会長。続いて、西区の福田地域振興課長からの挨拶。

DSCF3418_R.jpg DSCF3422_R.jpg
▲上田副会長の挨拶と福田課長の挨拶

 その後、山の手連合町内会の本間総務部長から、班分けと各班が担当する清掃場所の説明があり、清掃開始です。

DSCF3427_R.jpg
▲本間総務部長からの説明

DSCF3434_R.jpg DSCF3439_R.jpg
DSCF3442_R.jpg DSCF3446_R.jpg
DSCF3448_R.jpg DSCF3449_R.jpg
▲清掃の様子

 清掃終了後、山の手連合町内会の熊井副会長により、閉会の宣言が行われ、解散となりました。

 発寒河畔公園は、普段から近隣町内会の皆さんが、熱心に清掃活動を行っており、ゴミはあまりありませんでした。
 それでも、夏場は、バーベキューなどで多くの人が、河川敷を訪れたと思われ、河原には空き缶やペットボトル、弁当のプラ容器、花火の残りなどが少なからず見つかりました。
 川がきれいだからこそ、夏場のバーベキューなども安心して楽しめるというもの。どうか後片付けをしっかり行って、大人から子どもまで、誰もが気持ちよく安全に利用できるよう、一人ひとり、心がけましょう。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

札幌市総合防災訓練が実施されました

 9月1日(金)、札幌市総合防災訓練が消防学校(西区八軒10条西3丁目)において実施されました。
 この訓練は、 市域内での直下型地震を想定して、地域住民や市、防災関係機関、事業所が連携し、発災対応型(発生した災害状況に対応をする)訓練、負傷者救出・搬送、ライフライン復旧などの訓練を行うものになります。

 この日、朝から山の手連合町内会の皆さんを初めとする各連町の訓練参加者が消防学校前に集まります。

DSCF3327_R.jpg
▲受付を済ませ、集合場所で待機する地域の方々(中央が山の手連合町内会)

 山の手連合町内会は負傷者救出・搬送訓練を行います。倒壊家屋を模した訓練用家屋から負傷者(人形)を救出し、応急手当てを行った後にタンカで救護場所まで搬送する、という内容です。

DSCF3335_R.jpg
▲訓練実施前の打ち合わせを行う山の手連合町内会のみなさん

 訓練開始時間になり、緊急地震速報が流れます。直ちに準備し、訓練用の倒壊家屋へ負傷者救出に向かいます。

DSCF3340_R.jpg DSCF3341_R.jpg
DSCF3346_R.jpg DSCF3355_R.jpg
▲救出作業を行い、タンカで近くの安全な場所に運び、応急処置を行います

DSCF3360_R.jpg DSCF3364_R.jpg
▲応急処置後、タンカで救護場所へ搬送

 救出・搬送訓練の終了後は、消防学校内へ移動して研修を受講します。

DSCF3387_R.jpg
▲研修の様子

 この日の訓練では、消防局のヘリコプターによる救出訓練も実施していました。ビルの屋上に取り残された負傷者を救出します。

DSCF3393_R.jpg
▲ヘリコプターによる救出の様子

 また、災害対応用車両の展示もされていました。

DSCF3404_R.jpg
▲展示されていた車両

 すべての訓練が終了したところで、最後に閉会式となりました。秋元札幌市長から訓練結果の講評と挨拶がありました。

DSCF3408_R.jpg DSCF3413_R.jpg
▲閉会式に臨む山の手連合町内会のみなさんと秋元市長の挨拶

 毎年9月1日に実施している札幌市総合防災訓練。山の手連合町内会の皆さんも、訓練を通して災害対応力の向上が図られたかと思います。9月5日(火)には山の手会館の防災訓練も行いますが、今回の成果を反映したものになることでしょう。

平成29年9月の子育てサロン

☆山の手地区の子育てサロン、西区保育・子育て支援センター(ちあるふる・にし)の子育てサロン「ほっとのへや」の情報です。

さっぽろ子育て情報サイトもご覧ください。

9月1日(金)
■野菜の日 (保育士による季節の野菜などの紹介)
時間=11時35分~11時45分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月3日(日)
■サンデーサロン
時間=10時00分~12時00分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月7日(木)
■えこちゃんの読み聞かせ
時間=11時00分~。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月8日(金)
■にこにこタイム (1歳以上の親子を対象にした交流・おしゃべり・親子遊び)
時間=13時30分~14時15分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月12日(火)
■山の手うっき・き
時間=10時00分~11時30分。会場=山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)4階視聴覚室。詳細=西区健康・子ども課子育て支援係、電話011-641-6954

9月13日(水)~15日(金)
■ほのぼのサロン・あそうぼうサロン・なかよしサロン 敬老の日制作 ~おじいちゃん、おばあちゃんに手紙(ハガキ)を書きましょう☆~
時間=9時00分~12時00分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

9月14日(木)
■えこちゃんの読み聞かせ
時間=11時00分~。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月16日(土)
■ちあふる・にし運動会
時間=9時30分~12時15分。会場=二十四軒小学校グラウンド(札幌市西区二十四軒2条3丁目)。詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月19日(火)
■栄養相談「ぱくぱくまんま」 (栄養士による栄養相談。)
時間=11時00分~11時45分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月20日(水)
■誕生会 (9月生まれのお子さんを園児と一緒に紹介し、手形か足形を取ります)
時間=10時00分~10時25分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882
■なかよしあかちゃん (0歳の親子を対象にした交流・おしゃべり・親子遊び)
時間=13時30分~14時15分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882
■ほのぼのサロン クッキング講習会 ~グラノーラを使った簡単ケーキレシピをご紹介~
時間=9時00分~12時00分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

9月21日(木)
■もんちゃんの読み聞かせ
時間=11時30分~。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月22日(金)
■ホールであそうぼう (親子でのんびり体を動かす遊び)
時間=10時30分~11時30分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月25日(月)
■遠足ごっこ (ちあふる・にしから近隣のこだま公園へ遠足ごっこ)
時間=10時20分~12時00分。集合場所・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882
■ぷりんさんの読み聞かせ
時間=11時00分~。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月28日(木)
■子育て講座「おもちゃでつなぐ 親子のコミュニケーション」
時間=10時15分~11時15分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

9月13日(水)~15日(金)
■ほのぼのサロン・あそうぼうサロン・なかよしサロン 敬老の日制作 ~おじいちゃん、おばあちゃんに手紙(ハガキ)を書きましょう☆~
時間=9時00分~12時00分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

■山の手乳児保育園開放
日時=毎週火~木曜日(年末年始、祝日は休み)の9時45分~10時50分。月~金曜日(年末年始、祝日は休み)の15時30分~16時30分。会場・詳細=山の手乳児保育園(札幌市西区山の手4条8丁目)電話011-643-6080

■山の手保育園開放
日時=毎週月~金曜日(年末年始、祝日は休み)の10時00分~11時00分。月~金曜日(年末年始、祝日は休み)の16時00分~17時00分。会場・詳細=山の手保育園(札幌市西区山の手4条8丁目)電話011-611-4477

■山の手児童会館子育てサロン
日時=水、木、金曜日の9時00分~12時00分。対象=乳幼児とその保護者。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118


■子育てサロン「ほっとのへや」
日時=毎週月曜日~土曜日(年始、祝日は休み)の9時00分~17時00分。 会場・詳細=ちあふる・にし(札幌市西区二十四軒3条5丁目)電話 011-613-7882

※子育て情報ステーション「さんかく やまべェのへや」
 月曜日~金曜日(年始、祝日を除く)の8時45分~17時15分。
 西保健センター1階(西区琴似2条7丁目)、電話011-641-6954

平成29年9月のイベントカレンダー

○山の手まちづくりセンターからのお知らせ

6月1日~11月30日
■三角山健康登山スタンプラリー
内容=期間中、月に3回以上三角山に登頂しスタンプを集めた方に、特製ポストカードをプレゼント
申込先・詳細=山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目) 電話011-613-1929

○山の手連合町内会等の地域のイベント、山の手図書館、山の手児童会館のイベントのお知らせです。

9月2日(土)
■琴似発寒川秋の一斉清掃
時間=9時00分~10時00分。会場=発寒河畔公園ゲートボール場(札幌市西区山の手6条4丁目)。
詳細=山の手連合町内会(札幌市西区山の手3条2丁目) 電話011-614-5811(火曜と金曜の13:00~15:00のみ)

9月5日(火)
■絵本の読み聞かせ会 「みんなでつくっちゃった」
時間=15時00分~15時30分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822
■21世紀子ども会議2016 ~スーパーみつば~
時間=15時30分~16時30分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118
■山の手会館防災訓練
時間=14時30分~。会場=山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)。
詳細=山の手連合町内会(札幌市西区山の手3条2丁目 電話011-614-5811(火曜と金曜の13:00~15:00のみ)

9月8日(金)
■収穫パーティー!
時間=15時30分~16時45分。申込=9月1日(金)15時30分~(参加費200円を添えて申込)。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

9月10日(日)
■(仮称)山の手商店会 設立総会
時間=18時00分~。会場=山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)。
詳細=山の手連合町内会(札幌市西区山の手3条2丁目) 電話011-614-5811(火曜と金曜の13:00~15:00のみ)

9月12日(火)
■絵本の読み聞かせ会 「やさいのおしゃべり」
時間=15時00分~15時30分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822
■おはなしかごがやってくる
時間=15時15分~15時45分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

9月16日(土)
■第36回山の手地区敬老会
時間=10時30分~12時30分(受付は10時から)。会場=山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)
詳細=山の手地区福祉のまちふれあいセンター(札幌市西区山の手3条2丁目) 電話011-642-0039(火曜と金曜の13:00~15:00のみ)
■たのしいおはなし会  「世界でいちばんきれいな声」
時間=14時00分~14時20分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822
■小学生のためのおはなし会  「おどりトラ」
時間=14時30分~15時00分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822

9月19日(火)
■絵本の読み聞かせ会 「かえりみちをわすれないで」
時間=15時00分~15時30分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822

9月20日(水)
■写真クラブ
時間=15時30分~16時30分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

9月21日(水)~30日(金)
■秋の交通安全市民総ぐるみ運動
 ※早朝街頭啓発 9月21日(水) 7時45分~8時30分

9月22日(金)
■山の手児童会館 避難訓練
時間=15時45分~16時00分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

9月24日(日)
■山の手地区 第5回交流の広場
時間=11時~14時頃。場所=山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)
詳細=山の手連合町内会(札幌市西区山の手3条2丁目) 電話011-614-5811(火曜と金曜の13:00~15:00のみ)

9月26日(火)
■絵本の読み聞かせ会 「だごだごころころ」
時間=15時00分~15時30分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822

9月30日(土)
■山の手地区パークゴルフ大会
時間=13時30分~15時30分頃。場所=鉄興公園(札幌市西区発寒13条11丁目)。表彰式・交流会は山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)で16時から。
詳細=山の手連合町内会(札幌市西区山の手3条2丁目) 電話011-614-5811(火曜と金曜の13:00~15:00のみ)

※山の手図書館休館日=9月13日(水)、27日(水)
※山の手児童会館ふりーたいむ(中高生の居場所づくり事業)=毎週火・木曜日の18時00分~21時00分(中学生は19時00分まで)
運営者

札幌市西区山の手まちづくりセンター

札幌市西区山の手まちづくりセンター
〒063-0003
札幌市西区山の手3条7丁目1-38 (周辺地図)
電話:011-613-1929
FAX:011-613-1373
E-mail:ni.yamanote@city.sapporo.jp
開所時間:8時45分~17時15分
閉所日:土・日曜日、祝・休日、12月29日~1月3日

最近の記事
カレンダー
前月 < 2017年09月 > 次月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別の記事
記事の分類
ブログ内の検索
スマホ・携帯サイト(QRコード)
QR
まちづくり活動団体
山の手地区の施設等
地区外の施設等
RSSフィード