山の手地区単位町内会懇話会の開催

 7月29日(土)、山の手地区の単位町内会の会長が一堂に会する「第15回単位町内会会長懇話会」が山の手会館(山の手3条2丁目)で開催されました。 主催は山の手連合町内会(河村雄司会長)です。
 連町が主催する会合で、単位町内会の会長全員が集まるのは、定期総会と理事会、連町役員研修会、新年交礼会などの機会に限られることから、平成22年度より各町内会の情報交換や情報共有を主な目的に開催されています。

 この日は、31の単位町内会から会長が出席し、連合町内会役員を合わせると合計約50名での会議となりました。今回の議題は、単位町内会の統合、山の手地区の商店会設立の動き、山の手会館の健全経営について、その他当面する課題と取り組みについてをテーマとして活発な意見交換を行いました。

会議は、本間総務部長の進行により進めらます。
まず最初は、今回所用により欠席の河村会長に代わり、山の手連合町内会の上田副会長からの主催者挨拶です。

DSCF2728_R.jpg
▲開催に先立って挨拶を行う上田副会長

続いて、上田副会長から懇話会テーマの説明がありました。

DSCF2735_R.jpg DSCF2737_R.jpg
▲懇話会の様子と懇話会のテーマを説明する上田副会長

 前回に続き、今回も単位町内会の統合については多くの町内会長から意見が出されました。町内会の再編は非常に困難な取組みです。これを進めるのは容易ではありませんが、これからの町内会活動の活性化、地域福祉の推進、町内会活動の担い手の発掘といったことに取り組むためには避けては通れない課題です。今回も、上田副会長は「難しいからこそ、山の手会館建設事業を通して山の手地域の結束が強くなっている今しかできないことなのです。」と山の手地域の力を合わて乗り越えていくよう呼びかけました。難しい課題だからこそ、何度も何度もその意義と課題を乗り越えるための結束を確認しなければなりません。各町内会長も「少しずつでも進めていこう」と応えました。
 その他にテーマについても、山の手地域のために取り組んでいくことを確認し、中身の濃い、充実した内容で会議を終えました。
 会議の閉会にあたっては、山の手連合町内会の熊井副会長が閉会挨拶を行いました。

DSCF2738_R.jpg
▲閉会挨拶を行う熊井副会長

 今回の懇話会も、様々な課題に積極的に取り組みを続ける山の手連合町内会と単位町内会が、その結束を改めて確認する会議となったと思います。

山の手第17町内会で地域交流イベントが開催されました

 山の手地区では、連合町内会が活発な地域交流イベント等を開催していますが、単位町内会においても町内会員の交流会を開催しているところがあります。今回は、そのようなイベントの一つを紹介します。
 7月29日(土)に「なかよしバーベキューパーティー」が山の手公園(山の手4条5丁目)で開催されました。主催は山の手第17町内会。
 これは、町内で例年実施しているイベントで、会員同士、子供からお年寄りまで幅広い世代の交流を図り、地域の連携・助け合い活動を活性化することを目的にしています。

DSCF2714_R.jpg

 この日、快晴の天気になり、多くの町内会員が会場に集まりました。炭火コンロや食材を用意し、テーブルなどを並べて準備ができたらいよいよ開始です。
 最初は山の手第17町内会の宇佐美会長からの挨拶です。

DSCF2708_R.jpg
▲挨拶を行う宇佐美会長

 続いては点火式です。用意された炭火コンロの一つに、参加者が注目する中、点火します。

DSCF2709_R.jpg DSCF2710_R.jpg
▲点火式の様子。火が点きました!

 その後、他のコンロにも点火し、バーベキューの始まりです。

DSCF2716_R.jpg DSCF2718_R.jpg
▲多くの参加者の交流の様子

 例年、小さい子供から小中学生の参加も多く、幅広い世代が集まるこのイベント。地域のつながりが安心・安全なまちを作るということを実践している取組みでした。

山の手小学校 山の手にこにこ図書館企画 「2017夏の星イベント」

 7月27日(木)、山の手小学校において「2017 夏の星イベント」が開催されました。このイベントは、山の手小学校の「山の手にこにこ図書館」の企画により実施されたもの。

DSC_1545_R.jpg

 夏休みが始まって二日目のこの日、開始予定の13時30分には100名を超える児童が体育館に集まりました。また、山の手南小学校PTA会長の西村会長も駆け付けました。

DSCF2666_R.jpg
▲体育館前にはにこにこ図書館・子供すくすく育み隊の活動紹介

DSCF2667_R.jpg DSCF2669_R.jpg
▲星イベントの受付の様子と集まった児童・保護者のみなさん

 今年の「夏の星イベント」は、琴似中学校区サタデースクール事業との共催。山小子供すくすく育み隊の名誉会長でもあり、サタデースクールの代表でもある北本会長も参加しています。

blogpic02_R.jpg
▲北本会長(左)と西村山の手南小学校PTA会長(手前)。

 この日のプログラムは、最初に山の手バンド2の5分間ミニライブを行い、その後、星のスライドショー。今年も「星のスペシャリスト」栄南小学校の岩野晃先生をお招きしての実施です。

YB2_Hello_b_R_2017072819283911e.jpg blogpic03b_R.jpg
▲山の手バンド2のメンバーと岩野明先生

 本日の司会は、昨年度まで山の手小学校の教頭先生でありました石山南小学校の三木校長先生。三木校長先生の司会進行でイベントがスタートしました。最初はイベント主催校の山谷校長先生の挨拶です。

DSCF2674_R.jpg DSCF2678_R.jpg
▲司会進行をする三木校長先生と山谷校長先生の挨拶

 続いて、子供すくすく育み隊の小林代表の掛け声で山の手バンド2とFUKASEのミニライブがスタートしました。曲は「スターライトパレード」。サックスをフィーチャーした印象的なアレンジで、星のイベントらしい演奏を響かせました。

captainSA01b_R.jpg
▲ライブスタートの掛け声をかける小林代表

YB2_live04b_R_20170728192840998.jpg
▲ライブ中の山の手バンド2。スターライトパレード(YB2バージョン)はとてもカッコいい!!

 そしていよいよ岩野先生による星のスライドショーです。今年はスライドショーというより、プラネタリウムのような映像と説明を子供たちのために用意。国立天文台のMitakaというソフトを使い、プラネタリウムモードで夏の大三角形を探したり、流れ星を見たりしました。その後、宇宙空間モードに切り替え、VR映像で太陽系から天の川銀河、更に遠くの宇宙を旅しているような映像を子供たちに見せてくれました。

iwaneta01b_R.jpg
▲スクリーンに映るプラネタリウムに子供たちが集まります

 その後、質問コーナーでは沢山の子供たちが宇宙、星に関する様々な疑問を岩野先生に質問。いつまでも尽きない好奇心と探求心で目を輝かせていました。

DSCF2702_R.jpg DSCF2691b_R.jpg
▲質問をする子供たちと岩野先生の説明

 この日参加した子供たちは、ライブ演奏と星のスライドショーでとても楽しく過ごせました。イベントで知ることができた星の知識で、夏の夜空を見上げるとき、今までと違った発見や楽しみ方ができるようになったと思います。

 山の手小学校にこにこ図書館はこれからも楽しいイベントを実施します。お楽しみに!

山の手サロンが開催されました

 7月23日(日)山の手連合町内会の福祉部・女性部による「山の手サロン」が、山の手会館(西区山の手3条2丁目)で開催されました。
 山の手サロンは女性部と今年復活したばかりの福祉部が企画した健康づくり事業。西区健康・子ども課、西区健康づくりネットワーク会所属の「山の手笑いヨガクラブ」とのコラボ企画で、発寒中央病院の伊藤一輔先生の「笑いは健康の源 ~人と笑いのステキな関係~」と題した講演と、やまべェ体操、笑いヨガ、茶話会というメニューです。

 司会進行は山の手連合町内会の小谷福祉部長。最初は山の手連合町内会の河村会長の挨拶で開会です。

DSC_1573_R.jpg DSC_1575_R.jpg
▲挨拶を行う河村会長と司会進行をする小谷部長

 伊藤先生の講演は、テーマだけでなくお話も笑いが多い、分かりやすくて楽しい内容。「笑いが人体の免疫力を上げる。笑いたくないときも笑いましょう。」という言葉に参加者も頷いていました。

DSC_1579_R.jpg DSC_1588_R.jpg
▲伊藤先生の講演の様子

 続いてはやまべェ体操。普及員のみなさんによる丁寧な指導のもと、みんなでゆっくり、しっかりと体操しました。
 次は笑いヨガ。山の手笑いヨガクラブの指導で、参加したみなさんが楽しく、笑いながらヨガの呼吸法で体を動かしました。心も体も元気になるのが実感できます。
 続いては認知症予防ゲーム。手の動きを入れ替えるといった、単純だけどややこしい手の動作を繰り返すなど、難しくて若い人でも上手くできませんが、笑いヨガの効果か、みなさん笑いながらゲームを楽しんでいました。
 最後は茶話会です。今日の講演、笑いヨガや認知症予防ゲームの感想などで話も弾み、参加者の皆さんで談笑。地域のみなさんの交流のひと時になっていました。

三角山ふみの日登山

 7月23日(日)は「ふみの日」。
 三角山では、この日にちなんで「三角山ふみの日登山」が行われました。
 普段から三角山を愛し、様々な活動を繰り広げている三角山ボランティアのメンバーと、以前からふみの日登山を開催し今年で23回目を迎えた「山と森の散歩道」の皆さん、山の手まちづくりセンターの連携により実施したものです。
 昨年は山頂までは登らない登山者も参加できるようにと、こぶし平で実施しましたが、今年は再び山頂で実施。三角山ボランティアのメンバーがポストを山頂まで運び、晴れ渡った三角山の山頂に、午前10時から12時までの間、三角山ポストを設置しました。

DSC_1542_R.jpg DSC_1545b_R.jpg
▲登山準備中の様子と、三角山ポストを担いで登る様子

 ポスト設置中の時間帯には150人を超える方々が登頂し、家族や友人あてに思いをしたためたハガキや封書を投函しました。
 また、先着70名の方には、三角山ボランティアが撮影したオリジナル写真の「ポストカード」がプレゼントされ、受け取った方はさっそくペンをとり、ふみの日の記念切手を貼って投函していました。

DSC_1563_R.jpg
▲山頂に集まったたくさんの登山者

DSC_1550_R.jpg DSC_1557b_R.jpg
▲山頂に設置されたポストと投函の様子

 三角山ボランティアの皆さんは、朝早くからポストの運搬や山頂での案内など、汗だくになりながら取り組みました。お疲れ様でした。
 この日のお便りは、下山後、翌月曜日の7月24日に山の手郵便局に引き渡され、三角山のデザインが施されている特別なスタンプで消印後、郵送されます。

IMG_20170724_1001_R.jpg
▲山の手郵便局の消印。残念ながら、消印の日付は山の手郵便局の営業日になるので7月24日です。

IMG_20170725_0001_R.jpg
I▲消印の日付の代わりに、7月23日のふみの日に登山した記念として山の手まちづくりセンターのスタンプを押しました。

三角山という地域に親しまれている山と自然を通して、人と人の繋がりが育まれていくことになればと思います。

IDSC_1567_R.jpg
▲この日の頂上からの眺望

DSC_1554_R.jpg
▲三角山ボランティアのメンバーの指先にアゲハチョウが!

山の手地区納涼盆踊り大会 第2回実行委員会

 7月22日(土)、山の手地区納涼親子盆踊り大会の第2回実行委員会が、山の手会館(西区山の手3条2丁目)で開催されました。
 今回の実行委員会も、前回に引き続き、約40名のみなさんが集まり、河村 実行委員長(山の手連合町内会長)の挨拶で始まりました。
 進行と議事内容の説明は上田 事務局長(山の手連合町内会副会長)。

DSCF2660_R.jpg DSCF2661_R.jpg
▲実行委員会の様子

 今回の実行委員会では、実施日のタイムスケジュール、各種準備作業内容、実行委員の係別配置、盆踊り大会の収支予算案、会場レイアウトの最終確認を行いました。また、盆踊り大会の中で開催される子供仮装大会の受付方法、審査方法、審査員選出方法と役割分担も確認。前回から追加になった内容として、地域の商店の協力により、スイカ割り大会とラムネ早飲み大会が余興として組み込まれることとなり、地域の夏祭りとして更に充実したものになりました。
 山の手地区納涼親子盆踊り大会は8月12日(土)、13日(日)の2日間で、今年から毎年日付が固定されます。(8月12日、13日は山の手地区の盆踊り大会、と覚えていただけたらと思います。)
 総勢41名の実行委員で準備を進めていく親子盆踊り大会。みなさん、お楽しみに!

詐欺の予兆電話に要注意

 7月20日から7月21日までの間に、札幌市内や郊外において親族をかたる者から「風邪をひいて会社を休んだ、明日会社から連絡があったら風邪をひいたと伝えて欲しい」「株で失敗した、500万円用意できないか」「喉にポリープができた」等の内容の予兆電話があったと相談を受けています。
 不審な電話やお金の話に関する電話等がかかってきた場合は簡単に信用することなく、家族に一度連絡をして確認をする等、詐欺の被害に遭わないように十分注意して下さい。
【配信:西警察署011-666-0110】

三角山小学校四年生の登山授業

 7月20日(木)、三角山小学校四年生児童の登山授業がありました。
 三角山小学校では、毎年7月23日に実施している「ふみの日登山」に合わせて登山授業を実施していましたが、今年のふみの日は日曜日で小学校はお休み。
 そこで、山の手まちづくりセンターと共同で、ふみの日の前の平日のこの日、登山授業として三角山の山頂にポストを設置し、子供たちに手紙を出してもらうことにしました。

 天気が心配でしたが、ちょうど登山授業の時間帯は良く晴れた天気になりました。

DSCF2643_R.jpg
▲山頂で子供たちを待つ三角山ポスト

 三角山の登山道は狭いところも沢山ありますが、その中をみんなで協力して列を作って登山してきた子供たち。山頂に着いたところで、順番にポストにハガキを入れていきます。

DSCF2653_R.jpg DSCF2654_R.jpg

DSCF2658_R.jpg
▲三角山ポストにハガキを入れる子供たち

 山頂ではキアゲハも見られました。

DSCF2646_R.jpg DSCF2651_R.jpg
▲山頂のキアゲハ。

 この日のためにハガキを書いてきた三角山小学校四年生のみなさん。ふみの日(7月23日)の登山ではありませんが、三角山から手紙を出すというこの授業の中で、手書きのハガキで想いを伝えるという経験をしてもらえたと思います。

不審者の出没(西警察署より)

 昨日7月19日の午後4時40分ころ、札幌市西区発寒4条3丁目発寒4条公園内で、女子児童がシルバー色の自転車に乗車した男から「男と女の違いは何」「赤ちゃんはどこから産まれてくるの」などと声掛けされる事案が発生しました。不審者の特徴は年齢40~50歳位、身長175cm位、上下グレー色のジャージ、白髪のパーマ、黒色野球帽を着用しています。
 夏休みのシーズンになり、お子さんが公園で遊ぶ機会が多くなると思われますので、防犯ブザーを携帯させる、なるべく複数人で遊ぶ、保護者が付き添う等して被害防止に努めるとともに、不審者を発見した際は、周りの大人に助けを求めるよう指導し、すぐに110番通報して下さい。
【配信:西警察署011-666-0110】

山の手小にこにこ図書館イベント「もうすぐ夏休みだ!本をいっぱい読もう!ミニライブ」が開催されました

 7月19日(水)、山の手小にこにこ図書館のイベント「もうすぐ夏休みだ!本をいっぱい読もう!ミニライブ」が開催されました。教育支援ボランティアの子供すくすく育み隊との共催で、演奏するのは山の手バンド2です。

 司会は子供すくすく育み隊の小林代表と後藤先生です。

01LiveOpeningB_R.jpg

 まずは絵本の世界から来た人形劇の人形たちの紹介です。

02LiveOpening2B_R.jpg 03LiveOpening3B_R.jpg
▲ガブにメイ、生茶パンダにコブタやウサギさんが登場です!

 続いては山の手バンド2のボーカル、セカイノハテのFukaseが登場!子供たちも盛り上がります。

 04LiveOpening4B_R.jpg

 今回、FukaseはYutaと島田先生の3人で「YYY(トリプルY)」というユニットを組んで登場。Yutaはダンスパフォーマンスを、島田先生はピアノを担当します。曲はAAAの「恋空と雨音」です。

05tripleY1B_R.jpg 06tripleY3B_R.jpg
▲スローな曲にキレのあるダンスがカッコイイ!

07tripleY4B_R.jpg
▲エンディングもカッコ良く決めるYYYの3人

 曲が終わったところでサプライズ!突然ゾロリが登場です!

08zororiB_R.jpg
▲ゾロリの登場で盛り上がる子供たち

 ゾロリも登場したところで、山の手バンド2はギターを中心としたバンド編成にチェンジ。Fukaseもヴォーカルを佐藤先生にバトンタッチし、演奏する曲は「じょいふる」。山嵐ジュニアがダンスで盛り上げます!

09joyful1B_R.jpg 10joyful2B_R.jpg
▲ヴォーカルとダンスがフロントラインでパフォーマンス!カッコイイ!

 盛り上がったところで、最後は恒例の「本を読もうね!」の合言葉。それだけではなく、今回は「にこにこ図書館10周年記念企画のエッセイ大賞に応募しようね!」、「7月27日の星イベントにも参加しようね!」という呼びかけもありました!

 夏休みを間近に控え、楽しく夏を過ごすための解放図書館との交流ができたひとときでした。

11endingB_R.jpg

山の手小学校 にこにこ図書館「2017夏の星イベント」のお知らせ

 7月27日(木)午後1時30分から、山の手小学校(西区山の手5条6丁目)の体育館において、山の手小学校解放図書館運営委員会が主催の「2017 夏の星イベント 宇宙へ飛び出そう!」が開催されます。
 宇宙船に乗った気分で太陽系を飛び出して広い宇宙を旅します。「星のスペシャリスト」に宇宙のなぜ?どうして?をどんどん質問できるコーナーもあります。大人が聞いてもわくわくするお話が満載です!
 琴似中学校区サタデースクール事業との共催ですので、山の手小学校校区のみなさんだけでなく、琴似中学校校区のみなさんも是非ご参加ください。

IMG_20170713_0001_R.jpg

平成29年度 山の手小 スクールゾーン実行委員会

 7月13日(木)、山の手小学校において平成29年度 第1回 スクールゾーン実行委員会が開催されました。
 スクールゾーン実行委員会は、小学校の通学路などのスクールゾーンにおいて、子どもの交通事故防止を最重点に、小学校とPTA、山の手地区の連合町内会、交通安全実践会、交通安全指導員会、交通安全母の会、セーフティ・ネットなどの団体及び西警察署や西区役所各部等の関係機関が一体となって交通安全の諸施策を推進することを目的にしています。
 委員長は、山の手小学校PTA会長の土屋会長です。

 委員会は、事務局である吉田先生の進行により開会しました。
 最初に土屋委員長から挨拶があり、続いて、山の手小学校の山谷校長先生から挨拶がありました。

DSCF2615b_R.jpg DSCF2620b_R.jpg
▲挨拶を行う土屋委員長と山谷校長先生

 その後、議事に入り、平成29年度における山の手小学校の安全指導、通学路の危険個所等の確認を行います。

DSCF2623_R.jpg
▲事務局の吉田先生の進行・説明の様子

 続いて、平成28年度の事業報告と収支決算報告、平成29年度の事業計画案と収支予算案を審議。いずれも承認されました。
 また、山の手小学校の通学路に関して、児童の安全確保の状況と今後の対策にかかる意見交換を行いました。

 今週の火曜日、7月11日からは夏の交通安全市民総ぐるみ運動期間が始まっています。子どもたちの登下校の安心・安全確保のため、スクールゾーン実行委員会では、PTA、先生、連合町内会を始めとする地域のみなさんや関係機関が連携して様々な取組みを行っていきます。

ふみの日(7月23日)登山のお知らせ

 2017年7月23日(日)にふみの日登山を実施します!
 事前申し込みは不要です。当日は、三角山山頂に「三角山ポスト」を設置します。

※なお、三角山ポストは郵便局が設置するポストではありませんので、あくまでも郵便物をお預かりするだけです。
郵便局への投函日は7月24日(月)になりますので、消印の日付も7月24日になります。

 当日、山頂では、ハガキを三角山ポストへ投函する方のうち先着70名様に特製ポストカードをプレゼントします!
 どうぞご参加ください!

H29ふみの日チラシ_R

夏の交通安全運動早朝街頭啓発

 本日、7月11日(火)から、夏の交通安全市民総ぐるみ運動が全道一斉にスタート。
 20日(木)までの10日間、山の手地区交通安全実践会に所属する団体の皆さんが、街頭などで交通安全への願いを込めて安全通行指導などに取り組みます。

 初日の今日は、朝7時45分から8時30分まで、早朝一斉街頭啓発。山の手地区では、北洋銀行山の手出張所前とメシアニカビル前の2カ所の交差点で、普段から交通指導に取り組んでいる交通安全指導員山の手支部をはじめ、山の手連合町内会、単位町内会、交通安全母の会、山の手セーフティー・ネット、民生委員児童委員協議会などの会員の皆さんのほか、山の手小学校と琴似中学校、山の手高校の教師やPTAの皆様、そして山の手高校の生徒会とボランティア部のみなさんも加わり、総勢約90名が出勤・通学途中の歩行者や運転者に、手旗を振って交通安全を呼びかけました。

DSCF2588_R.jpg DSCF2595_R.jpg
▲北洋銀行前交差点で街頭啓発を行う地域の皆さん。山の手小学校の山谷校長先生も参加しています。

DSCF2607_R.jpg DSCF2590_R.jpg
▲マイクで街頭放送を行う山の手連町の本間総務部長。山の手高校のボランティア部のみなさんも地域の方と一緒に啓発に取り組みます。


DSCF2598_R.jpg DSCF2599_R.jpg
▲メシアニカビル前の街頭啓発の様子。琴似中学校の今川教頭先生、山の手小学校の藤塚教頭先生も地域の方と一緒に旗を掲示します。

DSCF2606_R.jpg DSCF2604_R.jpg
▲メシアニカビル前で街頭放送を行う山の手連町の小野女性部副部長。マスコット犬のうなちゃんもいます。

 夏の交通安全運動の視点は、①飲酒運転や居眠りなどの観光・レジャー型の交通事故防止、②子供と高齢者の交通事故防止、③自転車・二輪車の交通事故防止、④全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の4つ。
 夏の行楽期を迎え、外出する機会が増えますので、ドライバーの皆さんは、スピードを控えると共に定期的に休憩を取り、リフレッシュするなどして安全走行に心がけてください。また、最近は、自転車事故が多く発生しています。やむを得ず歩道を通行するときは、歩行者に危険や迷惑を及ぼさないよう十分に注意してください。
anzen29_R.jpg

第14回山の手地区ふれあい福祉まつりが開催

 山の手地区の夏のはじめの風物詩である「ふれあい福祉まつり」が、去る7月8日(土)、山の手会館と山の手太陽公園(西区山の手3条2丁目)で開催されました。主催は、山の手地区ふれあい福祉まつり実行委員会。
 「山の手地区福祉のまち推進センター」(通称「福まち」)を構成する山の手地区社会福祉協議会、山の手連合町内会、各単位町内会、民生委員児童委員協議会、寿楽会、青少年育成委員会、赤十字奉仕団の皆さんと、関係する福祉団体などたくさんの皆さんが協力して開催しており、「赤い羽根共同募金」が地域還元のために交付する事業資金も活用されています。
 この日に向け、実行委員会の全体会議を2回開催するなど準備を続けてきた実行委員の皆さん。日頃の精進が良かったのか好天に恵まれ、多くの地域の皆さんが会場を訪れました。

 開始時間の10時には、会場の準備も終え、地域の皆さんが来るのを待ちます。

DSCF2488_R.jpg DSCF2491_R.jpg
▲札幌育成園、赤十字奉仕団山の手分団、つばき作業所のテント

DSCF2490_R.jpg DSCF2494_R.jpg
▲こちらは山の手地区民生委員児童委員協議会、山の手地区青少年育成員会、セージュ山の手、さくら子供会のテント

DSCF2495_R.jpg
▲赤い羽根共同募金のテントもあります

 福まちの事務局長の中村さんの進行で開会式が始まります。

DSCF2505b_R.jpg
▲進行を行う中村事務局長

最初に福まちの遠藤運営委員長からの挨拶、続いて浦谷西区長、白岩西区社会福祉協議会事務局長からの来賓挨拶がありました。

DSCF2508_R.jpg
▲主催者挨拶を行う遠藤委員長

DSCF2510_R.jpg DSCF2515_R.jpg
▲来賓挨拶を行う浦谷区長と白岩事務局長

 続いて祭りを盛り上げる余興の始まりです。余興の進行は山の手連合町内会の上田副会長が行います。

DSCF2519_R.jpg
▲進行を行う上田副会長

 余興の部の最初は、山の手小学校3年生と山の手南小学校の5年生がよさこいソーランの演舞を披露。

DSCF2521_R.jpg DSCF2533_R.jpg
▲山の手小学校3年生の「YOSAKOI×Jump!!2017」と山の手南小学校5年生の「よさこいソーラン2017~山南乱舞~」

 続いてはエコロコやまべェ誰でも体操です。普及員の皆さんが前に出て、会場の皆さんと一緒に体操します。

DSCF2538_R.jpg
▲エコロコやまべェ誰でも体操

続いてはフラダンスサークル「リノ・ラ」の皆さんによるフラダンス。最後は手話サークル「しゅわしゅわ」の皆さんによる手話体験「簡単な手話を覚えよう」です。

DSCF2543_R.jpg
▲「リノ・ラ」の皆さんによるフラダンス

DSCF2568_R.jpg
▲手話サークル「しゅわしゅわ」のみなさんがSMAPの「世界で一つだけの花」を手話で歌います。会場の皆さんにも説明して、一緒に手話で合唱!

 次はカラオケ大会。集まった地域の方がカラオケで熱唱し、交流を深めました。
 最後は盆踊りです。山の手会館前で輪になって踊ります。山の手地区納涼親子盆踊り大会を1か月後に控え、一足早く踊ります。特に、今年からは盆踊り会場も山の手会館・太陽公園になりますので、本番前の練習といった様子です。

 この祭りは、福まちのほか、地元の病院・福祉施設など福祉の関係者が一同に集い、地域の笑顔が、そしてふれあいの輪が広がることを願って、毎年開催しているものです。
 地域福祉の担い手同志の交流が進むことで、山の手の福祉活動の活性化に繋がっていくことでしょう。

札幌山の手高等学校ボランティア部が西区アダプト・プログラム事業に参加

  7月7日(金)、西区役所において、西区と札幌山の手高等学校ボランティア部とのアダプト・プログラム調印式が開催されました。

 西区では、町内会や商店街をはじめ、学校、企業などがアダプト・プログラム事業に参加し、道路や公園などを清掃・美化する取り組みが広がっています。アダプトとは養子縁組の意味。市民などが公共スペースを養子とみなし、愛情込めて面倒をみることから、命名されています。
 山の手高校ボランティア部は、以前から山の手地区の交通安全早朝街頭啓発や西区の子育てサロン活動などに参加し、地域への貢献を活発に行っています。今回はこうした活動の一環として、西区のアダプト・プログラム事業への参加することになりました。
 この日、調印式に出席したのは、山の手高校ボランティア部のみなさん、西岡校長先生、ボランティア部顧問の西田先生。
 関係者の立会のもと、ボランティア部の鎌田部長と浦屋西区長が覚書に署名しました。

IMG_0800_R.jpg
▲覚書に署名する鎌田部長(左)と浦屋西区長

IMG_0805_R.jpg
▲活動中着用するベストを贈呈

 調印を終え、浦屋西区長から山の手高校のみなさんに、アダプト・プログラム事業への参加についてのお礼の挨拶を行いました。

IMG_4761_R.jpg
▲山の手高校のみなさんへのお礼の挨拶を行う浦屋区長

浦屋区長のお礼を受け、山の手高校ボランティア部を代表し、中川さんが挨拶。

IMG_0813_R.jpg
▲山の手高校ボランティア部の中川さんの挨拶

 続いて、山の手高校の西岡学校長から学校を代表しての挨拶がありました。

IMG_0814b_R.jpg
▲西岡学校長の挨拶

 調印式を終えた山の手高校ボランティア部のみなさん。ボランティア部の活動を通して社会貢献について学び、日々、成長している姿はとても頼もしいものでした。
 山の手高校ボランティア部のアダプト・プログラム活動は、西区の環境活動の環が多世代に広がっていくための大きな推進力になることでしょう。

IMG_4776_R.jpg

Yahoo!防災速報による防犯情報の配信開始!(北海道警察本部より)

 北海道警察はヤフー株式会社と連携し、本日より「Yahoo!防災速報」による防犯情報の配信を開始します。スマホ用アプリやメールで情報が配信され、地域を指定して受信可能です。お住まいの地域などを登録して防犯に活用してください。
(配信:北海道警察本部生活安全企画課)

赤十字奉仕団山の手分団による清掃奉仕

 7月6日(木)、赤十字奉仕団による清掃奉仕活動がありました。

 赤十字奉仕団は、日本赤十字社のもとに結集するボランティア団体で、赤十字の原点「人道」の精神に基づき、様々な奉仕活動に取り組んでいます。
 山の手分団は、平成3年に創設。以来、25年以上の長きにわたり、地元の小学校や福祉施設に手作りの雑巾やウエスを寄贈しているほか、日本赤十字社の社資募集運動や赤い羽根共同募金運動を行っています。

 今日は、朝9時30分に、奈良恵子分団長はじめ、団員の皆さんおよそ30名が、山の手まちづくりセンターに集合しました。団員のみなさんは、4班に分かれ、清掃奉仕活動に出発。琴似栄町通りと山の手通りを、ゴミ袋を片手に、タバコの吸い殻や空き缶、植樹桝の花がらなどを拾いながらくまなくきれいにしました。

DSCF2481_R.jpg DSCF2486_R.jpg
▲4班に分かれて清掃奉仕中の、赤十字奉仕団山の手分団の皆さん

 団員みなさんの努力で、山の手の”顔”とも言える琴似栄町通りと山の手通りがきれいになりました。
 今後も”きれいな山の手のまち”を維持するための様々な活動が、赤十字奉仕団や地域のみなさんの取り組みにより続いていくことと思います。

不審者出没(西警察署より)

 7月5日午後10時20分ころ、札幌市西区二十四軒付近において、アパート1階の室内をのぞく不審者が出没しました。
 不審者の特徴は、年齢30~40歳で、黄色の上着を着た男です。
 被害に遭わないために
  1 玄関ドアや窓の鍵を確実に施錠する
  2 カーテンをしっかりと閉め、室内をのぞけるような隙間をつくらない
  3 屋外にセンサーライト等を設置し、不審者を近づけない
などの防犯対策を実施して、被害防止に努めて下さい。
 また、不審者を見掛けた際はすぐに110番通報して下さい。
 【配信:西警察署 011-666-0110】

詐欺の予兆電話に注意!!(西警察署より)

 本日(7月5日)、札幌市西区内のご家庭に、区役所職員などをかたり、「医療費の還付金がある。」などという内容の還付金等詐欺の予兆電話が複数掛かってきています。不審な電話には十分注意するとともに、金銭に絡む話は一人で判断することなく、家族や警察に相談しましょう。
(配信:西警察署011-666-0110)

「特殊詐欺警報」の発令(北海道警察本部より)

【特殊詐欺警報発令!!(29.7.3)】
『警察官』や『金融庁職員』をかたるオレオレ詐欺の連続発生

○ 道内において「警察官や金融庁職員をかたるオレオレ詐欺」が連続発生しており、
 更に被害が拡大するおそれがあることから、本日、【特殊詐欺警報】を発令しました。

○ 警報の概要は、
・発令期間~7月3日から7月16日まで
・発令区域~北海道全域
・発令内容 
 警察官や金融庁職員かたる者から、
  「詐欺の犯人を逮捕しました。」
  「あなたの名前の偽造された通帳がありました。」
  「預金が引き出されるおそれがあります。」
  「通帳とキャッシュカードを作り直す必要があります。」
  「暗証番号を教えてください。」
  「キャッシュカードを確認します。」
 などと言って、被害者方を訪問して、暗証番号を聞き出し、キャッシュカードを
 だまし取るものです。

○ 被害は、江別市、小樽市、北広島市で起きているほか、道内各地に予兆電話が入っていることから、
 全道レベルで最大限の警戒をお願いいたします。

【金融機関の皆様へ】
○ キャッシュカードをだましとる手口については、犯人がATMで引き出すことから、
 ATMでの不正な取引等があった場合は、即、通報をお願い致します。
○ また、キャッシュカードをだましとる場合のほか、警察官等をかたって
  「お金が不正に引き出されるので全額おろしてきた方がよいです。」
 と言って現金を手元に置かせたうえ、
  「お札の指紋を調べます。」
 などと言って現金をだまし取る手口に発展するおそれもあることから、引き続き、
 窓口での高額現金引き出し、解約手続きの取扱いの際は、確実な声掛けと確実な全件通報を
 お願いします。
○ 声掛けの際は、上記事件の事例を紹介していただくなど情報を活用してください。

【コンビニ事業者の皆様へ】
○ だましとったキャッシュカードから現金を引き出す犯人は、コンビニATMを利用することが多いことから、
 手続きに戸惑っている、複数回おろしに来る、防犯カメラを気にしたり、マスク等で顔を隠すなど様子が
 不審であるなどの状況がある場合は、積極的に通報をお願い致します。

平成29年7月の子育てサロン

☆山の手地区の子育てサロン、西区保育・子育て支援センター(ちあるふる・にし)の子育てサロン「ほっとのへや」の情報です。

さっぽろ子育て情報サイトもご覧ください。

7月2日(日)
■サンデーサロン
時間=10時00分~12時00分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

7月3日(月)
■野菜の日 (保育士による季節の野菜などの紹介)
時間=11時35分~11時45分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

7月6日(木)
■えこちゃんの読み聞かせ
時間=11時00分~。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

7月7日(金)
■なかよしサロン カルシウムセミナー ~ラッシーを飲んでカルシウムを摂取~
時間=9時00分~12時00分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

7月10日(月)
■ぷりんさんの読み聞かせ
時間=11時30分~。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882
■にこにこタイム(1歳以上の親子を対象にした交流やおしゃべり、親子遊びなど)
時間=10時30分~11時15分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

7月11日(火)
■山の手うっき・き
時間=10時00分~11時30分。会場=山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)4階視聴覚室。詳細=西区健康・子ども課子育て支援係、電話011-641-6954

7月13日(木)
■えこちゃんの読み聞かせ
時間=11時00分~。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882
■あそうぼうサロン 水あそび
時間=9時00分~12時00分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

7月18日(火)
■栄養相談「ぱくぱくまんま」 (栄養士による栄養相談。)
時間=11時00分~11時45分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

7月19日(水)
■なかよしあかちゃん (0歳の親子を対象にした交流やおしゃべり、親子遊びなど)
時間=13時30分~14時15分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

7月20日(木)
■誕生会 (7月生まれのお子さんを園児と一緒に紹介し、手形か足形を取ります)
時間=10時00分~10時25分。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

7月27日(木)
■えこちゃんの読み聞かせ
時間=11時00分~。会場・詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

7月28日(金)
■夏だ!!さんかくやまべェまつり
時間=10時00分~11時30分。会場=西保健センターさんかくやまべェ広場(札幌市西区琴似2条7丁目)。詳細=西区保育・子育て支援センター(ちあふる・にし)(札幌市西区二十四軒3条5丁目) 電話011-613-7882

■山の手乳児保育園開放
日時=毎週火~木曜日(年末年始、祝日は休み)の9時45分~10時50分。月~金曜日(年末年始、祝日は休み)の15時30分~16時30分。会場・詳細=山の手乳児保育園(札幌市西区山の手4条8丁目)電話011-643-6080

■山の手保育園開放
日時=毎週月~金曜日(年末年始、祝日は休み)の10時00分~11時00分。月~金曜日(年末年始、祝日は休み)の16時00分~17時00分。会場・詳細=山の手保育園(札幌市西区山の手4条8丁目)電話011-611-4477

■山の手児童会館子育てサロン
日時=水、木、金曜日の9時00分~12時00分。ただし、7月26日(水)~8月18日(金)までは休み。対象=乳幼児とその保護者。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118


■子育てサロン「ほっとのへや」
日時=毎週月曜日~土曜日(年始、祝日は休み)の9時00分~17時00分。 会場・詳細=ちあふる・にし(札幌市西区二十四軒3条5丁目)電話 011-613-7882

※子育て情報ステーション「さんかく やまべェのへや」
 月曜日~金曜日(年始、祝日を除く)の8時45分~17時15分。
 西保健センター1階(西区琴似2条7丁目)、電話011-641-6954

平成29年7月のイベントカレンダー

○山の手まちづくりセンターからのお知らせ

6月1日~11月30日
■三角山健康登山スタンプラリー
内容=期間中、月に3回以上三角山に登頂しスタンプを集めた方に、特製ポストカードをプレゼント
申込=5月26日(金)から下記でスタンプカードを配布(先着250名様) 
申込先・詳細:山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目) 電話011-613-1929

7月23日(日)
■三角山ふみの日登山
時間=10時00分~12時00分。山頂に臨時ポストを設置。内容=時間内に山頂の臨時ポストへ投函される方を対象にポストカードをプレゼント(先着70名)。詳細=山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目)電話011-613-1929

○山の手連合町内会等の地域のイベント、山の手図書館、山の手児童会館のイベントのお知らせです。

7月4日(火)
■絵本の読み聞かせ会  「だってだってのおばあさん」
時間=15時00分~15時30分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822
■21世紀子ども会議2017 ~スーパーみつば~
時間=15時30分~16時30分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

7月5日(水)
■写真クラブ
時間=15時30分~16時30分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目) 電話011-642-0118

7月8日(土)
■山の手地区ふれあい福祉まつり
会場・詳細:山の手会館(西区山の手3条2丁目)山の手太陽公園(実行委員会電話011-642-0039火曜と金曜の13:00~15:00のみ)
■なつまつり ~年に一度の楽しいお祭り!~
時間=13時30分~15時30分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目) 電話011-642-0118

7月11日(火)~20日(木)
■夏の交通安全市民総ぐるみ運動
※早朝街頭啓発 7月11日(火) 7時45分~8時30分

7月11日(火)
■絵本の読み聞かせ会  「にひきのかえる」
時間=15時00分~15時30分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822

7月15日(土)
■たのしいおはなし会  「サラダでげんき」
時間=14時00分~14時20分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822
■小学生のためのおはなし会  「ふしぎなたいこ」
時間=14時30分~15時00分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822

7月18日(火)
■絵本の読み聞かせ会  「青いかいじゅうと赤いかいじゅう」
時間=15時00分~15時30分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822

7月23日(日)
■山の手サロン
時間=13時30分~16時30分。会場=山の手会館(西区山の手3条2丁目) 詳細=山の手連合町内会 電話011-614-5811火曜と金曜の13:00~15:00のみ)

7月25日(火)
■やまのてっくシアター
時間=13時45分~15時45分。会場・詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118
■絵本の読み聞かせ会  「図書館ライオン」
時間=15時00分~15時30分。会場・詳細=山の手図書館(札幌市西区山の手4条2丁目) 電話011-644-6822

7月27日(木)・28日(金)
■やまのてクッキング ~クロックケークを作ろう!~
時間=10時30分~13時00分。詳細=山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)電話011-642-0118

※山の手図書館休館日=7月12日(水)、26日(水)
※山の手児童会館ふりーたいむ(中高生の居場所づくり事業)=毎週火・木曜日の18時00分~21時00分(中学生は19時00分まで) ※夏休み期間中(7月27日~8月24日)はお休み。

不審者の出没(西警察署より)

7月1日午後2時ころ、西区山の手4条8丁目付近の歩道上において、女子中学生が徒歩で帰宅途中、後方から不審な車両が近づいてきて、中に乗車していた男から「こんにちは」「君、可愛いね」等と声を掛けられる事案が発生しました。
男の特徴は、年齢30~40歳代くらい、中肉、頭髪黒色、つば付き帽子着用の白色ワゴン車に乗った男です。
不審者を見掛けた際には安全な場所に避難するとともに、すぐに110番通報して下さい。
運営者

札幌市西区山の手まちづくりセンター

札幌市西区山の手まちづくりセンター
〒063-0003
札幌市西区山の手3条7丁目1-38 (周辺地図)
電話:011-613-1929
FAX:011-613-1373
E-mail:ni.yamanote@city.sapporo.jp
開所時間:8時45分~17時15分
閉所日:土・日曜日、祝・休日、12月29日~1月3日

最近の記事
カレンダー
前月 < 2017年07月 > 次月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別の記事
記事の分類
ブログ内の検索
スマホ・携帯サイト(QRコード)
QR
まちづくり活動団体
山の手地区の施設等
地区外の施設等
RSSフィード