今年も緑のカーテンを始めました!

 緑のカーテンをご存知ですか?
 ヘチマやゴーヤ、アサガオのようなツル性の植物を窓の外などに這わせてつくる、植物のカーテンのことです。
 緑のカーテンを設置すると窓から入り込む直射日光を遮り、室内で涼しく過ごせる空間をつくってくれます。
 また、植物が窓辺や外壁を覆うことで、建物の表面温度の上昇や日光の照り返しが抑制されます。身近に緑を育てることで生活に潤いが生まれ、癒しの効果も期待できます。

 今年も、山の手地区全体への広まりを期待して、まちづくりセンターの呼びかけに協力してくれた学校や児童会館、医療・介護施設等にご協力いただいております。
 まちづくりセンターでは、アサガオを育てています。いくつか種からの育成にもチャレンジしています。

DSCF2350_R.jpg DSCF2351_R.jpg
▲まちセンのプランター。ネットを使っています。

DSCF2352_R.jpg
▲花いっぱい運動で植えた金魚草もきれいに咲いています

皆さんのご家庭でも、ぜひ緑のカーテンを育ててみましょう!
各所での、緑のカーテンの成長の様子は、随時当ブログで報告して行きます。
緑のカーテンについての詳細はこちらをご覧ください。
札幌市みどりの管理課”緑のカーテン”のホームページ

緑のカーテン (今年度最後の状況報告)

遂に初雪も降り、いよいよ終わりを迎える緑のカーテン。

初雪が降る直前の状況を紹介します。

まちセンの緑のカーテンは、すっかり枯れてしまいました。

DSCF9717_R.jpg
▲まちセンの緑のカーテンの様子

一番奥のヘチマは葉が多かったのですがほとんどが茶色くなって枯れています。最後まで見守っていましたが、実をつけることはありませんでした。残念です。
真中のアサガオはまだ蕾があるようにも見えますが、さすがに花は開いていません。でも、花が多く咲いただけに、種はたくさん取れました。
一番手前のキュウリは、もう葉が枯れ落ち、茎も干からびたように細くなりました。
しかし、キュウリは最後に小さな実をつけました。

DSCF9719_R.jpg DSCF9721_R.jpg
▲最後にできたキュウリ

とても小さいキュウリですが、収穫しました。種が未成熟なようでしたが、実はしっかりしていました。

このキュウリの収穫を最後に、山の手まちづくりセンターの緑のカーテンは終了です。
支柱からネットをはずし、枯れたキュウリ、アサガオ、ヘチマをネットと一緒にたたみます。

今年の暑い夏に緑の潤いを与えてくれた植物たちに感謝です。また来年。


【緑のカーテンとは・・・】
緑のカーテンを設置すると窓から入り込む直射日光を遮り、室内で涼しく過ごせる空間をつくってくれます。
また、植物が窓辺や外壁を覆うことで、建物の表面温度の上昇や日光の照り返しが抑制されます。身近に緑を育てることで生活に潤いが生まれ、癒しの効果も期待できます。
緑のカーテンについての詳細はこちらをご覧ください。
札幌市みどりの管理課”緑のカーテン”のホームページ

緑のカーテン 生育状況(4か月目)

日々、気温も低くなり終わりを迎えている緑のカーテン。

本日は先週時点の生育状況を紹介します。
グループホーム山の手の緑のカーテンです。

こちらの施設では緑のカーテンの支柱となるロープを屋上まで伸ばしていましたが、かなりの高さまで成長したようです。
きっと、最盛期は緑に茂ったカーテンが見事だったと思います。

1475812255536_R.jpg
▲秋になって枯れ始めた葉が見えますが、高く伸びた緑のカーテンの様子

1475812243357_R.jpg 1475812249692_R.jpg
▲アサガオもまだ咲いています

次は山の手まちづくりセンターの緑のカーテンです。
手前がキュウリ、真中がアサガオ、奥がヘチマです。
ヘチマとキュウリは半分くらいの葉が萎れてきました。もう花や実はつきそうもありません。アサガオはこの時期でもがんばって花を咲かせています。

DSCF9630_R.jpg DSCF9631_R.jpg

DSCF9632_R.jpg DSCF9633_R.jpg
▲まちづくりセンターの様子

次回はいよいよ最後の紹介になるかと思います。
今週から寒さも増し、ついにアサガオも元気がなくなってきました。

緑のカーテンとは関係ありませんが、秋の風景をひとつ。
次の写真はふもと橋から琴似発寒川を見下ろしたところです。
見えにくいのですが、遡上した魚が力尽きています。産卵を終えたサケでしょうか。

1475812284255_R.jpg

命を繋いでいく自然の営みを感じます。

【緑のカーテンとは・・・】
緑のカーテンを設置すると窓から入り込む直射日光を遮り、室内で涼しく過ごせる空間をつくってくれます。
また、植物が窓辺や外壁を覆うことで、建物の表面温度の上昇や日光の照り返しが抑制されます。身近に緑を育てることで生活に潤いが生まれ、癒しの効果も期待できます。
緑のカーテンについての詳細はこちらをご覧ください。
札幌市みどりの管理課”緑のカーテン”のホームページ

緑のカーテン 生育状況

今日は雨模様で気温も低いですね。
秋の深まりを感じます。
今年も実施している緑のカーテンも、そろそろ終わりの時期が近付いています。

今回は、他の施設の生育状況を報告します。
札幌太田病院(山の手5条5丁目)の緑のカーテンの様子です。


20160707_001o_R.jpg 20160707_002o_R.jpg
▲7月初旬のアサガオの苗。まだまだこれからですが、花が一つだけ咲きました。

20160715_001o_R.jpg 20160715_002o_R.jpg
▲こちらは更に1週間後の様子。まだまだ小さいですが、花が増えてきました。

20160825_001o_R.jpg 20160825_003o_R.jpg 20160825_002o_R.jpg
▲8月下旬には、大きく育ち、緑が生い茂って花もたくさん開いていました。

20160825_004o_R.jpg 20160825_005o_R.jpg
▲綺麗に咲いたアサガオの花

太田病院の玄関前がアサガオで彩られ、少しかもしれませんが訪れる方の癒しになっていたのではないかと思います。

次回は、秋が深まり、そろそろ終わりが近づいているまちセンのヘチマ、アサガオ、キュウリの様子を紹介します。


【緑のカーテンとは・・・】
緑のカーテンを設置すると窓から入り込む直射日光を遮り、室内で涼しく過ごせる空間をつくってくれます。
また、植物が窓辺や外壁を覆うことで、建物の表面温度の上昇や日光の照り返しが抑制されます。身近に緑を育てることで生活に潤いが生まれ、癒しの効果も期待できます。
緑のカーテンについての詳細はこちらをご覧ください。
札幌市みどりの管理課”緑のカーテン”のホームページ

緑のカーテンの生育状況(2か月)

6月24日に苗を植えた緑のカーテン。
既に2か月以上がたちましたので、現在の生育状況をお伝えします。
今回も山の手まちづくりセンターの状況です。

8月はとても暑く、台風の上陸などの影響で雨が多かったためか順調に生育しています。
アサガオは毎日花が咲き、キュウリもたくさん実をつけました。

DSCF8884_R.jpg
▲緑がネットの上の方まできて緑のカーテンらしくなっています

キュウリはが次々と花を咲かせ、実りました。

DSCF8886_R.jpg

DSCF8888_R.jpg DSCF8887_R.jpg
▲キュウリの様子

今回はキュウリの状況をお伝えしましたが、アサガオやヘチマの様子も近日中に紹介したいと思います。
その他の緑のカーテンを実施している施設の様子も紹介しますので、お楽しみに。

【緑のカーテンとは・・・】
緑のカーテンを設置すると窓から入り込む直射日光を遮り、室内で涼しく過ごせる空間をつくってくれます。
また、植物が窓辺や外壁を覆うことで、建物の表面温度の上昇や日光の照り返しが抑制されます。身近に緑を育てることで生活に潤いが生まれ、癒しの効果も期待できます。
緑のカーテンについての詳細はこちらをご覧ください。
札幌市みどりの管理課”緑のカーテン”のホームページ

緑のカーテンの生育状況(1か月)

6月24日に苗を植えた緑のカーテンも1か月がたちましたので、生育状況をお伝えします。
山の手まちづくりセンターの状況です。
7月はやや雨が多く、気温が低い日もあったかと思いますが、順調に生育し、花が咲き実がなり始めています。

DSCF8541_R.jpg
▲つるがネットの上の方まで伸びてきました

DSCF8548_R.jpg
▲アサガオとキュウリ

アサガオはきれいな花を咲かせています。

DSCF8542_R.jpg
▲アサガオの花

キュウリは、すぐに収穫できるくらいの大きさのものもあります。

DSCF8544_R.jpg DSCF8545_R.jpg
▲葉が広がってきている様子と、大きく育ったキュウリ。収穫しました!

1週間前に比べると生育の速さに驚きます。

1469668571907_R.jpg
▲1週間前のキュウリ

ヘチマは種から育てているのですが、ずいぶん大きくなりました。花が咲くのが楽しみです。

DSCF8547_R.jpg
▲ヘチマの様子

緑のカーテンを実施している他の施設の様子もブログで紹介していきますので、お楽しみに。

【緑のカーテンとは・・・】
緑のカーテンを設置すると窓から入り込む直射日光を遮り、室内で涼しく過ごせる空間をつくってくれます。
また、植物が窓辺や外壁を覆うことで、建物の表面温度の上昇や日光の照り返しが抑制されます。身近に緑を育てることで生活に潤いが生まれ、癒しの効果も期待できます。
皆さんのご家庭でも、ぜひ緑のカーテンを育ててみましょう!
緑のカーテンについての詳細はこちらをご覧ください。
札幌市みどりの管理課”緑のカーテン”のホームページ

今年も緑のカーテンを始めました!

緑のカーテンをご存知ですか?
ヘチマやゴーヤ、アサガオのようなツル性の植物を窓の外などに這わせてつくる、植物のカーテンのことです。
緑のカーテンを設置すると窓から入り込む直射日光を遮り、室内で涼しく過ごせる空間をつくってくれます。
また、植物が窓辺や外壁を覆うことで、建物の表面温度の上昇や日光の照り返しが抑制されます。身近に緑を育てることで生活に潤いが生まれ、癒しの効果も期待できます。

今年も、山の手地区全体への広まりを期待して、まちづくりセンターの呼びかけに協力してくれた学校や児童会館、医療・介護施設等にご協力いただいております。
まちづくりセンターでは、アサガオ、キュウリを育てています。また、ヘチマは種からの育成にチャレンジしています。

DSCF8016_R.jpg DSCF8017_R.jpg
▲まちセンのプランター。ネットを使っています。

1466729636166_R.jpg 1466990138084_R.jpg
▲こちらの施設では屋上までロープを張っています。どこまで成長するのか楽しみです。

皆さんのご家庭でも、ぜひ緑のカーテンを育ててみましょう!
各所での、緑のカーテンの成長の様子は、随時当ブログで報告して行きます。
緑のカーテンについての詳細はこちらをご覧ください。
札幌市みどりの管理課”緑のカーテン”のホームページ

緑のカーテンの生育状況(2か月)

6月14日から20日にかけて苗を植えた緑のカーテンもおよそ2か月がたちました。
山の手地区で緑のカーテンに取り組んでいる各施設の生育状況をお知らせします。
暑い日が続く中、各施設の植物も順調に生育し、花が咲き実を付けているようです。
お近くをお通りの際は、ぜひご覧になってください。

乳児保育園     山の手保育
▲山の手乳児保育園(アサガオ・つるありインゲン)  ▲山の手保育園(アサガオ)

児童会館     南小ミニ児
▲山の手児童会館(アサガオ・ゴーヤ・ヘチマ)    ▲山の手南小・同ミニ児童会館(ゴーヤ・ヘチマ・キュウリ)

山小1     山小2
▲山の手小学校(ゴーヤ・キュウリ)         ▲ゴーヤが食べごろを迎えています

図書館     会館
▲山の手図書館(アサガオ)              ▲山の手会館(アサガオ・ゴーヤ・ハナマメ・キュウリ)

まちセン     セージュ
▲山の手まちセン(アサガオ)             ▲セージュ山の手(アサガオ・ヘチマ・ゴーヤ)   

太田病院     GH山の手
▲太田病院                       ▲グループホーム山の手(アサガオ・ハナマメ)

個人1     個人2
▲個人宅(キュウリ)                  ▲個人宅(アサガオ)

緑のカーテンの生育状況(1か月)

6月14日から20日にかけて苗を植えた緑のカーテンもおよそ1か月がたちました。
緑のカーテンい取り組んでいる各施設での生育状況をお知らせします。
7月になり暑い日が続く中、各施設の植物も順調に生育し、花が咲き実がなり始めています。
乳児     保育園
▲山の手乳児保育園(アサガオ・つるありインゲン)  ▲山の手保育園(アサガオ)

児童会館     南小ミニ
▲山の手児童会館(アサガオ・ゴーヤ・ヘチマ)    ▲山の手南小・同ミニ児童会館(ゴーヤ・ヘチマ・キュウリ)

山小     図書館
▲山の手小学校(ゴーヤ・キュウリ)         ▲山の手図書館(アサガオ)

会館     まちセン
▲山の手会館(アサガオ・ゴーヤ・ハナマメ・キュウリ)▲山の手まちセン(アサガオ)

セージュ     GH山の手
▲セージュ山の手(アサガオ・ヘチマ・ゴーヤ)    ▲グループホーム山の手(アサガオ・ハナマメ)

西洋アサガオ     ゴーヤ
▲セイヨウアサガオ(ヘブンリーブルー)       ▲ゴーヤ

今年も緑のカーテンを始めました

緑のカーテンをご存知ですか?
つる性の植物を窓の外などに這わせてつくる、植物のカーテンのことです。
天然のカーテンで室内温度の上昇を抑えてくれるばかりか、身近に緑を育てることで、生活に潤いが生まれます。
今年も北海道は、原発停止の影響で夏場に電力不足が予想され、エアコンや扇風機など電気製品を使わなくても、緑のカーテンを育てれば、部屋の温度を抑えることができ、ゴーヤやヘチマなど”実”の収穫も期待できます。

今年も、山の手地区全体への広まりを期待して、まちづくりセンターの呼びかけに協力してくれた、山の手会館をはじめとする学校や児童会館、保育園、医療・介護施設等合計12施設で試行に協力いただいております。
近くにいらっしゃった折には、ご覧になってください。
参加事業所等詳しくは下の解説板をご覧ください。
緑のカーテン(H25山の手地区)
▲緑のカーテン解説板(クリックで拡大表示)

皆さんのご家庭でも、ぜひ緑のカーテンを育ててみましょう!
各事業所での、緑のカーテンの生長の様子は、随時当ブログで報告して行きます。
緑のカーテンについての詳細は、にこちらをご覧ください。
札幌市環境局”緑のカーテン”のホームページ

2013620山小       2013617ミニ児
▲山の手小学校6年生が植付け(ゴーヤ・キュウリ)▲山の手南小学校ミニ児童会館(ゴーヤ・ヘチマ・キュウリ)
 (2013年6月20日定植)               (2013年6月17日定植)
2013624 (図書館)       2013624(乳児)
▲山の手図書館(アサガオ)              ▲山の手乳児保育園(アサガオ・つるありインゲン)
2013624セージュ       201374まちセン
▲セージュ山の手(アサガオ・ゴーヤ・ヘチマ)     ▲山の手まちづくりセンタ(アサガオ)

緑のカーテンの生育状況(3か月)

6月20日前後に苗を植えた緑のカーテン、およそ3か月がたちました。
山の手会館ゴーヤは順調に花が咲きゴーヤの実の収穫も間近、山の手南小のゴーヤと山の手小学校のゴーヤとヘチマも順調に生育。収穫忘れのゴーヤがオレンジ色になって中には破裂した実もあり、良い教材となっています。セージュ山の手と山の手まちづくりセンターのアサガオも毎朝花が咲き、さわやかな青や白筋入りの水色の花が心を和ませます。
また、最近山の手地区の個人宅でもキューリやゴーヤで緑のカーテンに取り組んでる様子がうかがえます。
     
山の手会館     セージュ
▲山の手会館(室内からゴーヤが採れそうです)   ▲セージュ山の手玄関(アサガオとヘチマ)
山の手南1     山の手南2
▲山の手南小学校(ゴーヤの実)           ▲オリジナルの解説板
山の手小     山の手小2
▲山の手小学校図書室の窓(ゴーヤとヘチマ)    ▲収穫時期を過ぎオレンジ色の実(これも教材)
個人2     個人
▲個人のお宅(キューリ、窓から収穫できそう)   ▲個人のお宅(ゴーヤ、上手に育てています)
平賀邸 021      個人3
▲個人宅(アサガオ ベランダ内側から見たところ) ▲我が家(アサガオ、玄関フード南面を覆いました)
アサガオ白交じり     DSCF1331.jpg
▲西洋アサガオ


緑のカーテンの生育状況(2か月)

6月20日前後に苗を植えた緑のカーテン、およそ2か月が経ちました。
今年実施している各施設の緑のカーテンの生育状況をお知らせします。
0822太田病院01     0822太田病院03
▲太田病院(アサガオ) 食堂の窓辺のカーテンでは毎日、アサガオの花が咲いています。
0822太田病院02
▲太田病院(食堂の中から) アサガオの葉が適度に日光を遮ってくれています。

0822セージュ01     0822セージュ02
▲セージュ山の手(ゴーヤ) 高さ4mくらいまで延びて、実もなっています。(間もなく収穫)
0822セージュ03
▲セージュ山の手玄関横(アサガオ、ヘチマ) 事務室の窓辺を覆いました。

0822山小01     0822山小02     
▲山の手小学校(ゴーヤとヘチマ) 夏休みが終わり登校してみるとゴーヤの実が!

0822児童会館01     0822児童会館02
▲山の手児童会館(アサガオとヘチマ) ヘチマが実をつけました!

0823まちセン01     0823まちセン02
▲山の手まちづくりセンター(アサガオ) 高さ3mを超えました。

緑のカーテンの生育状況(6週目)

6月15日から22日にかけて苗を植えた緑のカーテンの6週目の生育状況をお知らせします。
7月になり暑い日が続き、各施設の植物も順調に生育し、花が咲き始めています。

会館1     会館2
▲山の手会館(ゴーヤとつるありインゲン、アサガオ)

山小1     山小2
▲山の手小学校(ゴーヤとヘチマ)

児童1     児童2
▲山の手児童会館(アサガオとヘチマ)

まちセン1     まちセン2
▲山の手まちづくりセンター(アサガオ)

今年も緑のカーテンを始めました

緑のカーテンをご存知ですか?
つる性の植物を窓の外などに這わせてつくる、植物のカーテンのことです。
天然のカーテンで室内温度の上昇を抑えてくれるばかりか、身近に緑を育てることで、生活に潤いが生まれます。
今年の北海道は、原発停止の影響で夏場に電力不足が予想され、エアコンや扇風機など電気製品を使わなくても、緑のカーテンを育てれば、部屋の温度を抑えることができ、ゴーヤやヘチマなど”実”の収穫も期待できます。

山の手地区全体への広まりを期待し、昨年同様山の手まちづくりセンター(西区山の手3条7丁目)と山の手会館(西区山の手3条2丁目)の2か所で育てるほか、今年からは、まちづくりセンターの呼びかけに協力してくれた、下記の学校や医療・介護施設等でも育ててもらえ、山の手地区に次第に広がりを見せています。

緑のカーテン試行協力施設
山の手小学校(西区山の手5条6丁目)、山の手南小学校(西区山の手1条9丁目)、山の手児童会館(西区山の手6条5丁目)、札幌太田病院(西区山の手5条5丁目)、セージュ山の手(西区山の手4条5丁目)、グループホームやまのて(西区山の手6条7丁目)
近くにいらっしゃった折には、ご覧になってください。
皆さんのご家庭でも、ぜひ緑のカーテンを育ててみましょう!

生長の様子は、随時当ブログで報告して行きます。
    
6.26まちセン1     山小_20120622_008
▲山の手まちづくりセンター(西洋アサガオ) ▲山の手小学校6年生が苗の植付け(ゴーヤ・ヘチマ)
 (2012年6月15日定植)            (2012年6月22日定植)
会館24.6.15 003     会館24.6.15 006
▲山の手会館前でカーテン準備作業(西洋アサガオとゴーヤ)▲山の手会館和室前(ゴーヤとつるありインゲン)
 (2012年6月15日定植)
緑のカーテンについての詳細は、にこちらをご覧ください。
札幌市環境局”緑のカーテン”のホームページ

緑のカーテンの生育状況(3か月)

6月17日に苗を植えた緑のカーテン、およそ3か月がたちました。
山の手会館のハナマメとゴーヤも順調に花が咲き、ゴーヤの実は15本以上が随時収穫され、山の手地区の老人クラブ「寿楽会」の皆さんが美味しくいただいたようです。 山の手まちづくりセンターのアサガオも毎朝花が咲き、さわやかなブルーと純白の花が心を和ませます。
まちセン23.9.12     GKまちセン23.9.12
▲西洋アサガオ(ヘブンリーブルー)

まちセン白9.13     アサガオ白2
▲西洋アサガオ(パーリーゲート)

23.9.13ゴーヤ      23.9.13ゴーヤ2
▲ゴーヤ(完熟) 収穫を忘れ破裂して、赤い種が飛び出てきています。

緑のカーテンの生育状況(2か月)

6月17日に苗を植えた緑のカーテン、およそ2か月がたちました。
7月8月と暑い日が続いたため、順調に生長し、山の手まちづくりセンターのアサガオは、ネットをはるかに越えて、2階の窓の高さまで達しました。山の手会館のハナマメとゴーヤも順調に花が咲き、ゴーヤの実は、大きく成長し収穫間近のものもあります!! 山の手会館のアサガオは、毎朝花が咲き、さわやかなブルーの花が心を和ませます。
まちセンアサガオ
▲山の手まちづくりセンターのアサガオ  2階の窓まで延びました。

会館アサガオ
▲山の手会館のアサガオ たくさんの花が楽しみです。

ゴーヤ1    ゴーヤ2
▲山の手会館のゴーヤ 実は日々成長し間もなく収穫のものもあります。

緑のカーテンの生育状況(7週)

6月17日に苗を植えた緑のカーテンの、7週後の生育状況をご覧ください。
7月8月と暑い日が続いたため、順調に生長しています。山の手会館のハナマメとゴーヤも順調に花が咲き、ゴーヤには、なんと実がつきました!!
山の手まちづくりセンターと山の手会館のアサガオも伸びて、少しづつ花が咲きだしました。これからの毎朝の開花が楽しみです。

会館_20110805_asagao 
▲山の手会館(アサガオ)

会館_20110805_hanamame,goya     会館_20110805_goyanomi
▲山の手会館(ゴーヤとハナマメ)           ▲ゴーヤの実

まちセン_20110805_0001
▲山の手まちづくりセンター(アサガオ)

緑のカーテンの生育状況(1か月)

6月17日に苗を植えた緑のカーテンの、約1か月後の生育状況をご覧ください。
7月になり暑い日が続いたため、順調に生長しています。山の手会館のゴーヤは、花が咲き始めました。
山の手まちづくりセンターと山の手会館のアサガオも伸びて、1.8mのネットを超えました。毎朝、花が咲くのが待ち遠しいです。

アサガオ(会館)    ゴウヤ&ハナマメ
▲山の手会館(アサガオ)           ▲山の手会館(ゴーヤ左とハナマメ右)

ゴウヤ    ゴウヤ花
▲山の手会館(ゴーヤ)            ▲ゴーヤの花

アサガオ(まちセン)    アサガオ(まちセン2)
▲山の手まちづくりセンター(アサガオ1)   ▲山の手まちづくりセンター(アサガオ2)

緑のカーテンの生育状況

6月17日に苗を植えた緑のカーテンの、2週間後の生育状況をご覧ください。

緑のカーテン_20110701_0001      緑のカーテン_20110701_0002
▲山の手会館(アサガオ)              ▲山の手会館(ハナマメ)

緑のカーテン_20110701_0003
▲山の手会館(ゴーヤ) 手前です

緑のカーテン_20110701_0004      緑のカーテン_20110701_0005
▲山の手まちづくりセンター(アサガオ1)     ▲山の手まちづくりセンター(アサガオ2)

緑のカーテンをはじめました

緑のカーテンをご存知ですか?
つる性の植物を窓の外などに這わせてつくる、植物のカーテンのことです。
天然のカーテンで室内温度の上昇を抑えてくれるばかりか、身近に緑を育てることで、生活に潤いが生まれます。
今年、山の手まちづくりセンター(西区山の手3条7丁目)と山の手会館(西区山の手3条2丁目)の2か所で、育ててみますので、近くにいらっしゃった折には、ご覧になってください。
生長の様子は、随時当ブログでもアップしていきます。
緑のカーテン まちセン1    アサガオ(まちセン)

▲山の手まちづくりセンター入口(西洋アサガオ)

会館1    会館2
▲山の手会館和室前(ゴーヤとハナマメ)

会館3     会館4
▲山の手会館(西洋アサガオ)

運営者

札幌市西区山の手まちづくりセンター

札幌市西区山の手まちづくりセンター
〒063-0003
札幌市西区山の手3条7丁目1-38 (周辺地図)
電話:011-613-1929
FAX:011-613-1373
E-mail:ni.yamanote@city.sapporo.jp
開所時間:8時45分~17時15分
閉所日:土・日曜日、祝・休日、12月29日~1月3日

最近の記事
カレンダー
前月 < 2017年08月 > 次月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別の記事
記事の分類
ブログ内の検索
スマホ・携帯サイト(QRコード)
QR
まちづくり活動団体
山の手地区の施設等
地区外の施設等
RSSフィード