山の手地区で古着・スプレー缶類回収を実施

10月29日(土)、山の手会館(西区山の手3条2丁目)の駐車場において、古着・スプレー缶類の回収を実施しました。
主催は札幌市環境局と山の手連合町内会。

朝の9時に回収車が山の手会館の駐車場に到着。1時間限定で回収を行います。

DSC_0243t_R.jpg
▲右が古着、左がスプレー缶類の回収車

事前に町内会で回覧されていたお知らせを見た多くの方が訪れ、古着やスプレー缶類を回収車のところへ持ち込みました。

DSC_0246_R.jpg

DSC_0247_R_20161031160340ad5.jpg
▲回収車の様子

今回の回収作業は、ゴミの減量による環境負荷の低減を目指し、リサイクル可能な古着を連合町内会単位で集めることを試行したもの。
次年度以後の実施は未定ですが、環境負荷の低減に繋がる様々な取り組みは、引き続き実施されていくことでしょう。

山の手地区の年末年始のごみ収集

年末年始のごみの収集は、12月31日(金)~1月3日(月)の期間、休みになります。
そのため、山の手地区の年末年始の収集日は、次のとおりとなりますのでご注意ください。
※一部の地域では、通常の収集時間帯より早くなる場合があります。ごみは必ず収集日当日の朝8時30分までに、ごみステーションへお出しください。

○家庭ごみの収集
・燃やせるごみ=年内の最終日は12月30日(木)。年明けの初日は1月6日(木)。
・燃やせないごみ=年内の最終日は12月28日(火)。年明け1月は収集がありません。
・雑がみ=年内は12月21日(火)で終了済。年明けの初日は1月11日(火)。
・容器包装プラスチック=年内の最終日は12月29日(水)。年明けの初日は1月5日(水)。
・びん・缶・ペットボトル=年内の収集は12月24日(金)で終了済。年明けの初日は1月7日(金)。

○大型ごみの収集
 年内の最終収集は、12月22日で終了済。
 年明け最初の収集は、1月5日(水)、申込期限は、12月28日(火)まで。
 申込について、年内は12月28日(火)まで。年明けは1月5日(火)から。
※申込先=大型ごみ収集センター 電話011-281-8153(受付時間:9時00分~16時30分)。

○自己搬入のごみ
 発寒清掃工場・破砕工場は、1月1日から3日まで休み。
 また、平成22年12月24日から平成23年1月10日まで、期間限定で、受入れ時間の試験延長を実施しています。
 ・受入れ日 =月曜日~土曜日(日曜日及び1月1日~3日を除く)
 ・受入れ時間
   試験延長期間=8時00分~17時00分
   通常期間   =9時00分~16時00分

詳しくは、こちら(札幌市役所ホームページ)をご覧ください。





山の手地区環境衛生研修会が開催

6月18日(金)、山の手会館(西区山の手3条2丁目)で環境衛生研修会が開催され、山の手地区の町内会から町内会長、環境衛生部長、クリーンさっぽろ衛生推進員など約50名が出席し、地域における環境美化運動の推進について、熱心な議論が繰り広げられました。
主催は、山の手連合町内会環境衛生部と札幌市環境局西清掃事務所。
この日は、まず、昨年7月の有料化後のごみ減量の現状と経費削減効果などについて、西清掃事務所の山本所長から説明。本市が平成29年度までの実現を目指していた1人1日あたり400グラムの廃棄ごみの削減目標を早くも達成したこと、これにより老朽化した篠路清掃工場の建て替え費用370億円と、その年間維持費13億円が不要となったことなど、市民一人ひとりの努力や町内会などで実施した早朝ごみパトロールなどの取り組みが、こうした成果につながったことについて、あらためて、感謝とお礼のことばがありました。
併せて、今年10月からの新しい「家庭ごみ収集日カレンダー」についても説明。より見やすく、使いやすいものになるようデザインなどをはじめ、様々な工夫が施されていることのほか、市内全世帯へより着実に配布するため「広報さっぽろ」と同様、町内会から配布してもらうよう協力要請がありました。
質疑・応答では、不適正排出されたごみが指導期間の1週間程度ゴミステーションに置かれることで、カラスによる飛散が数多く発生すること、共同住宅に個別のごみステーションを設置するにはどういう働きかけをすれば良いのか、などについて意見が交わされました。

環境衛生研修会の様子
▲山の手連町環境衛生研修会の様子

続いては、「山の手地区の環境美化運動の推進について」をテーマにディスカッション。
議論の素材として、山の手連合町内会の役員の皆さんが撮影した、地区内71カ所のごみステーンションの写真が資料提供。それぞれのステーションの具体的な問題点のほか、改善・工夫が施された優良事例などについて参加者全員で情報共有しました。

 山の手連合町内会の配布資料
▲山の手連合町内会が配布した資料の一部(クリックすると拡大してご覧になれます) 

ごみステーションをめぐっては、町内会役員やクリーンさっぽろ衛生推進員などの地域の皆さんが、カラスによる飛散防止や不適正排出の撲滅に向けて、今もなお、懸命な取り組みが続けられており、何よりも、利用する市民一人ひとりがルールを守り適正なごみ排出を励行することが求められています。

なお、札幌市では、カラスよけサークルなどの管理器材購入助成制度、共同住宅に特に有用な箱型ごみステーション敷地内設置費助成制度を設けていますので、所管の清掃事務所、まちづくりセンターまでお問い合わせください。

山の手連合町内会女性部で「ごみ減量とリサイクル」の出前講座

3月10日(水)、山の手連合町内会の正・副女性部長会議で、「ごみ減量とリサイクル」をテーマに出前講座が行われました。
昨年7月からの家庭ごみ有料化による札幌市全体の削減効果と、ごみ分別についての現在の留意点などを学習することを目的に、同連合町内会女性部が開催したものです。

挨拶に立つ佐藤女性部長
▲開会の挨拶に立つ山の手連町佐藤女性部長(中央)

この日の講師は、西清掃事務所の小川普及担当係長。
冒頭、ごみ有料化にあたって、早朝啓発などでご協力いただいた町内会の皆さんへの感謝と、市民の皆さんによるごみ分別の取り組みにより、平成29年度までの到達を目指していた削減目標を、いち早く達成できたことに対するお礼の挨拶がありました。
最初に、「始めよう!ごみ減らしとリサイクル」のDVDが上映。
同女性部は、昨年7月、ごみ処理やリサイクルの実態を知るため、中沼資源選別センター(東区中沼町45番地札幌市リサイクル団地内)などの施設を訪れていましたが、同選別センターの作業風景がスクリーンに映し出されると、間近に見た、そのときの光景を思い浮かべて、分別にあたる作業員への労いの言葉が、会場のあちこちから聞かれました。
また、現在の分別に関する留意点として、①ダンボールを「雑がみ」と一緒に出すと、選別作業の大きな支障となるため、集団資源回収や古紙回収拠点に出すこと、②スプレー缶やカセットボンベを「燃やせないごみ」の有料指定袋に入れることにより、ごみ収集車の火災が増えていることから、指定袋ではない透明・半透明の別袋に入れて出すこと、など について注意が促されました。

出前講座の講師を務めた西清掃事務所小川係長                                      DVD「ごみ減らしとリサイクル」の上映風景
▲出前講座の講師を務めた西清掃事務所の小川係長(右)         ▲ DVD「ごみ減らしとリサイクル」の上映風景

講座の結びに、ごみ減量化が進んだことで、老朽化した篠路清掃工場の建て替え費用370億円と、その年間維持費13億円が不要になるとの説明を聞いた女性部の皆さんは、さらなる分別の徹底に向けて、気持ちをあらたにしていました。

ダンボールの啓発チラシ                             スプレー缶・カセットボンベの啓発チラシ
▲ダンボール啓発チラシ(以下クリックすると拡大してご覧になれます)     ▲スプレー缶・カセット・ボンベ啓発チラシ


4月からの家庭ごみ収集日カレンダー

今年4月から9月までの新しい「ごみ収集日カレンダー」は、広報さっぽろ3月号(3月10日までに配布)にとじ込んで各家庭に配布されます。
昨年7月からのごみ有料化に向けては、宅配方式で配布していましたが、4月からの新しいカレンダーは、配布方法が、このように変更されますので、ご注意ください。

この「ごみ収集日カレンダー」は、ごみの収集日をお知らせする大変重要なものです。
このため、各町内会にご協力をいただき、現在、配布方法の変更に関するチラシを回覧しているほか、広報さっぽろの2月号にも記事掲載してお知らせしています。

「町内会館にチラシを掲示して周知徹底したい」、「マンションやアパートの掲示板に貼りたいからチラシがほしい」などの場合は、山の手まちづくりセンターにもチラシがありますので、お越しください。

チラシ表
▲チラシ表(以下、クリックすると拡大してご覧になれます)

チラシ裏
▲チラシ裏

連町女性部による施設見学・研修会

 ごみ処理・リサイクル施設を見学する施設見学・研修会が7月16日(木)、実施されました。山の手連合町内会女性部(佐藤恵子部長)の主催によるものです。
 今年7月からごみのルールが変わったことから、単位町内会の女性部役員などを対象に開催。①燃やせるごみを焼却処理する白石清掃工場(札幌市白石区東米里2170番)、②収集された容器包装プラスチックから不適物を取り除く中沼プラスチック選別センター(札幌市東区中沼町45番地札幌市リサイクル団地内)、③収集されたびん・缶・ペットボトルから不適物を取り除き資源物ごとに選別する中沼資源選別センター(札幌市東区中沼町45番地札幌市リサイクル団地内)の3施設を見学しました。

ごみクレーンの様子
▲白石清掃工場では、一度に15トンものごみをつかむことができるごみクレーンを見学

記事・写真の続きがあります(クリックしてください)

明日7月3日は、「びん・缶・ペットボトル」の日

 7月からごみのルールが新しくなりました。これまで山の手地区では、金曜日はごみの収集がありませんでしたが、明日7月3日(金)から、金曜日は「びん・缶・ペットボトル」の収集日となります。
 これまで「びん・缶・ペットボトル」と「プラスチック」は、同じ日に別の車両で収集していたため、一方の収集が終了してもまだ収集されていないと勘違いして出してしまう「後出し」を誘発する一因となっていました。さらに、これらの資源物はかさばり、ごみステーションからあふれる場合がありました。これらの問題を解決するため、別々の収集日で、それぞれ週1回の収集となりましたので、よろしくお願いします。

ごみステーションの様子
▲今朝は山の手連合町内会の役員の方々と、地域を巡回しました。残念ながら、黄色の指定袋ではなく、透明又は半透明の袋も散見されました

明日7月2日から、燃やせるごみは有料になります

 今日7月1日(水)から、ごみのルールが新しくなりました。
 山の手地区では、水曜日は「容器包装プラスチック」の収集日に変わりました。朝、地域を巡回したところ、概ねそのように出されていましたが、それに加えて、「びん・缶・ペットボトル」も出されているごみステーションが、数カ所ありました。「びん・缶・ペットボトル」は今後、金曜日が収集日となりましたので、よろしくお願いします。
ごみステーションの様子

 さて、山の手地区では明日7月2日(木)は、これまで同様「燃やせるごみ」の収集日ですが、今後は有料になりますので、黄色の指定袋に入れてごみステーションへ出してください。その際、指定袋の持ち手の部分をしっかり縛り、口を閉じて出してください。

 新たに、汚れていない紙類は「雑がみ」として分別していただくことにより2週に1回(山の手地区の直近収集日は7月14日(火))、また、庭木の剪定枝や刈芝、草花、落ち葉などは「枝・葉・草」として分別していただくことにより4週に1回(山の手地区の直近収集日は7月21日(火))、いずれも無料で収集されます。
 一方、これまで「燃やせないごみ」だった製品プラスチック、皮革・ゴム・ビニール製品、乾燥剤などが、「燃やせるごみ」に仲間入り。さらに、「大型ごみ」のうち、燃やせるもので指定袋(40リットル)に入るものは、「燃やせるごみ」として収集されます。

明日7月1日から、ごみのルールが新しくなります

 明日7月1日(水)から、ごみのルールが新しくなります。
 山の手地区では、これまで水曜日は「燃やせないごみ」の収集日でしたが、明日7月1日(水)から水曜日は「容器包装プラスチック」の収集日に変わります。出し方については、これまで同様、透明または半透明の袋に入れ、当日の朝8時30分までに出してください。
 なお、「プラスチック」と「びん・缶・ペットボトル」は、これまで同じ日に別の車両で収集していましたが、これからは別々の日に収集します。山の手地区では、「びん・缶・ペットボトル」は金曜日の収集日に変わりますので、ご注意ください。

収集日カレンダー
▲収集日については「収集日カレンダー」でご確認ください。山の手地区は「西区-」のカレンダーです(クリックすると拡大します)

新しいごみ排出ルール説明会(第6回)

 今年(平成21年)7月から家庭ごみの有料化が実施されることに伴う、新しいごみ排出ルールの説明会(第6回)が3月28日(土)10時00分から、山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)で開催されました。西清掃事務所の主催によるものです。
 始めに、新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映。その後、①「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」が有料となり、指定のごみ袋を使用してもらわなければならないこと、②新たに「雑がみ」と「枝・葉・草」の分別区分が追加になること、③それに伴い各分別区分の収集回数が変わることなどについて説明し、協力をお願いしました。

 説明会で使用しているDVDの内容は、市清掃ホームページからご覧いただくことができます。また、町内会などの団体に対し、このDVDをお貸ししています。詳細は西清掃事務所(札幌市西区発寒15条14丁目)電話011-664-0053か、山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目)電話011-613-1929まで。

 なお、今後の説明会の開催予定は、次のとおりです。
日時=5月11日(月)、5月17日(日)。いずれも、①10時00分から、②13時00分から、③16時00分から、④19時00分からの1日4回。各回1時間30分程度の予定。5月17日(日)の②13時00分からと④19時00分からの回は、手話通訳があります。
会場=西区民センター(札幌市西区琴似2条7丁目)。


説明会の様子
▲新しいごみ排出ルール説明会の様子。これまで6回の説明会に、延べ400人近い住民の方々が出席しました

新しいごみ排出ルール説明会(第5回)

 今年(平成21年)7月から家庭ごみの有料化が実施されることに伴う、新しいごみ排出ルールの説明会(第5回)が3月25日(水)18時15分から、山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)で開催されました。西清掃事務所の主催によるものです。
 始めに、新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映。その後、①「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」が有料となり、指定のごみ袋を使用してもらわなければならないこと、②新たに「雑がみ」と「枝・葉・草」の分別区分が追加になること、③それに伴い各分別区分の収集回数が変わることなどについて説明し、協力をお願いしました。

 なお、山の手地区における今後の説明会の開催予定は、次のとおりです。
日時=3月28日(土)10時00分から。1時間30分程度の予定。
会場=山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)。


説明会の様子
▲新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映しての説明会。なお、DVDの内容は市清掃ホームページからご覧いただくことができます。また、町内会などの団体で研修を行う場合、このDVDをお貸ししています。詳細は西清掃事務所(札幌市西区発寒15条14丁目)電話011-664-0053か、山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目)電話011-613-1929まで。

新しいごみ排出ルール説明会(第4回)

 今年(平成21年)7月から家庭ごみの有料化が実施されることに伴う、新しいごみ排出ルールの説明会(第4回)が3月19日(木)10時00分から、山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)で開催されました。西清掃事務所の主催によるものです。
 始めに、新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映。その後、①「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」が有料となり、指定のごみ袋を使用してもらわなければならないこと、②新たに「雑がみ」と「枝・葉・草」の分別区分が追加になること、③それに伴い各分別区分の収集回数が変わることなどについて説明し、協力をお願いしました。

 なお、山の手地区における今後の説明会の開催予定は、次のとおりです。
日時=①3月25日(水)18時15分から、②3月28日(土)10時00分から。いずれも1時間30分程度の予定。
会場=①は山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)、②は山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)。


説明会の様子
▲新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映しての説明会。なお、DVDの内容は市清掃ホームページからご覧いただくことができます。また、町内会などの団体で研修を行う場合、このDVDをお貸ししています。詳細は西清掃事務所(札幌市西区発寒15条14丁目)電話011-664-0053か、山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目)電話011-613-1929まで。

新しいごみ排出ルール説明会(第3回)

 今年(平成21年)7月から家庭ごみの有料化が実施されることに伴う、新しいごみ排出ルールの説明会(第3回)が3月8日(日)10時00分から、山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)で開催されました。西清掃事務所の主催によるものです。
 始めに、新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映。その後、①「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」が有料となり、指定のごみ袋を使用してもらわなければならないこと、②新たに「雑がみ」と「枝・葉・草」の分別区分が追加になること、③それに伴い各分別区分の収集回数が変わることなどについて説明し、協力をお願いしました。

 なお、山の手地区における今後の説明会の開催予定は、次のとおりです。
日時=①3月19日(木)10時00分から、②3月25日(水)18時15分から、③3月28日(土)10時00分から。いずれも1時間30分程度の予定。
会場=①は山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)、②は山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)、③は山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)。


説明会の様子
▲新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映しての説明会。なお、DVDの内容は市清掃ホームページからご覧いただくことができます。また、町内会などの団体で研修を行う場合、このDVDをお貸ししています。詳細は西清掃事務所(札幌市西区発寒15条14丁目)電話011-664-0053か、山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目)電話011-613-1929まで。

新しいごみ排出ルール説明会(第2回)

 今年(平成21年)7月から家庭ごみの有料化が実施されることに伴う、新しいごみ排出ルールの説明会(第2回)が2月24日(火)18時00分から、山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)で開催されました。西清掃事務所の主催によるものです。
 始めに、新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映。その後、①「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」が有料となり、指定のごみ袋を使用してもらわなければならないこと、②新たに「雑がみ」と「枝・葉・草」の分別区分が追加になること、③それに伴い各分別区分の収集回数が変わることなどについて説明し、協力をお願いしました。

 なお、山の手地区における今後の説明会の開催予定は、次のとおりです。
日時=①3月8日(日)10時00分から、②3月19日(木)10時00分から、③3月25日(水)18時15分から、④3月28日(土)10時00分から。いずれも1時間30分程度の予定。
会場=①②は山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)、③は山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)、④は山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)。


説明会の様子
▲新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映しての説明会。なお、DVDの内容は市清掃ホームページからご覧いただくことができます。また、町内会などの団体で研修を行う場合、このDVDをお貸ししています。詳細は西清掃事務所(札幌市西区発寒15条14丁目)電話011-664-0053か、山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目)電話011-613-1929まで。

新しいごみ排出ルール説明会

 新しいごみ排出ルールの説明会が2月15日(日)10時00分から、山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)で開催されました。
 今年(平成21年)7月から、家庭ごみの有料化が実施されることに伴い、ごみの分別方法やごみ出しの曜日などが変わることから、市では説明会を開催。今回は、山の手地区における最初の説明会であり、地域住民の方80人の出席がありました。
 始めに、新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映。その後、西清掃事務所から①「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」が有料となり、指定のごみ袋を使用してもらわなければならないこと、②新たに「雑がみ」と「枝・葉・草」の分別区分が追加になること、③それに伴い各分別区分の収集回数が変わることなどについて説明し、協力をお願いしました。

 なお、山の手地区における今後の説明会の開催予定は、次のとおりです。
日時=①2月24日(火)18時00分から、②3月8日(日)10時00分から、③3月19日(木)10時00分から、④3月25日(水)18時15分から、⑤3月28日(土)10時00分から。いずれも1時間30分程度の予定。
会場=①②③は山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)、④は山の手児童会館(札幌市西区山の手6条5丁目)、⑤は山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)。


説明会の様子
▲新しいごみ排出ルールを簡潔に説明したDVD(約13分)を上映しての説明会。なお、DVDの内容は市清掃ホームページからご覧いただくことができます。また、町内会などの団体で研修を行う場合、このDVDをお貸ししています。詳細は西清掃事務所(札幌市西区発寒15条14丁目)電話011-664-0053か、山の手まちづくりセンター(札幌市西区山の手3条7丁目)電話011-613-1929まで。

指定ごみ袋(見本)
▲有料となる「燃やせるごみ」「燃やせないごみ」の排出に使用する指定ごみ袋(見本)。5リットル袋(10枚入り100円)、10リットル袋(10枚入り200円)、20リットル袋(10枚入り400円)、40リットル袋(5枚入り400円)の4種類あります

新しいごみ排出ルール説明会を開催します

 今年(平成21年)7月から、家庭ごみの有料化を実施します。それに伴い、ごみの分別方法やごみ出しの曜日などが変わることから、市では、新しいごみ排出ルール説明会を開催します。日程等は以下のとおりですので、ご都合の良い日時にご参加ください。
 
日時=①2月15日(日)午前10時から、②2月24日(火)午後6時から、③3月8日(日)午前10時から、④3月19日(木)午前10時から。いずれも1時間30分程度の予定。
会場=いずれも山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)。


 なお、今回お知らせする説明会は、山の手会館で開催する3月までの分です。このほか、山の手南小学校(札幌市西区山の手1条9丁目)及び山の手児童会館(札幌市油西区山の手6条5丁目)での開催や、4月以降の開催も予定しておりますが、これらについては別途お知らせします。
 詳細は西清掃事務所(札幌市西区発寒15条14丁目)電話011-664-0053まで(月曜日~金曜日の8時00分~16時30分、祝日は15時30分まで)。

有料ごみ袋(見本)
▲今年7月から使用される家庭用指定ごみ袋(見本) 

山の手地区クリーンさっぽろ衛生推進員研修会

 山の手地区クリーンさっぽろ衛生推進員研修会が12月12日(金)、山の手会館(札幌市西区山の手3条2丁目)で開催されました。各町内会のクリーンさっぽろ衛生推進員を対象に、山の手連合町内会(佐藤衛会長)が行ったものです。
 前半は、来年平成21年7月から変わるごみ排出ルールについての説明。(1)「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」が有料となり指定のごみ袋を使用してもらわなければならないこと、(2)新たに「雑がみ」と「枝・葉・草」の分別区分が追加になること、(3)それに伴い各分別区分の収集回数が変わることなどについて西清掃事務所から説明があり、協力のお願いがありました。
 その後の質疑応答では、出席者から「歩道の花壇をボランティアで手入れした場合の雑草などはどうしたらよいのか」「カラスに荒らされたごみステーションを掃除するためのごみ袋を町内会に配ってほしい」など様々な質問や要望が出されました。
 後半は、連合町内会と参加者により、山の手地区の環境衛生事業についての意見交換などが行われました。

研修会の様子
運営者

札幌市西区山の手まちづくりセンター

札幌市西区山の手まちづくりセンター
〒063-0003
札幌市西区山の手3条7丁目1-38 (周辺地図)
電話:011-613-1929
FAX:011-613-1373
E-mail:ni.yamanote@city.sapporo.jp
開所時間:8時45分~17時15分
閉所日:土・日曜日、祝・休日、12月29日~1月3日

最近の記事
カレンダー
前月 < 2017年10月 > 次月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別の記事
記事の分類
ブログ内の検索
スマホ・携帯サイト(QRコード)
QR
まちづくり活動団体
山の手地区の施設等
地区外の施設等
RSSフィード