三角山ボランティア整備登山

 8月19日(土)、登山道沿いのオオバコを抜き取りを行う“三角山ボランティア整備登山”が行われました。主催は、三角山ボランティアと山の手まちづくりセンター。

 三角山は、西区山の手の街並に隣接する高さ311メートルの山。頂上までの道のりは、平地では見られない季節の花々、キアゲハ、エゾリスなどといった動植物との出会いがあり、子どもからお年寄りまで幅広い世代が、ふれあいながら自然を身近に感じられる魅力にあふれています。

DSCF2944_R.jpg
▲三角山の山の手側登山口に現れたエゾリス(写真中央)

 オオバコは、漢方薬の材料にもなる在来の薬用植物ですが、路傍雑草とも呼ばれ、踏圧に強く人に踏まれることにより靴底などに種子を付着させ生育域を広げます。
 三角山においても、私たち登山者を利用して種を拡散し、頂上付近の登山道沿いにまで生育範囲を広げています。私たち登山者のせいで、三角山本来の植生が変わるのを少しでも抑制するため、毎年この時期に、登山道沿いに生育するオオバコの抜き取り作業を行っています。

 昨年は雨で中止となったためボランティア整備登山は2年振りの実施になります。天候に恵まれ、快晴となったこの日、9時30分には整備登山参加者が登山口へ集まってきました。
 参加者の内訳としては、まずは例年参加いただいている山の手児童会館、山の手南小ミニ児童会館の児童がそれぞれ8名で合計16名。指導員と合わせて20名ほどです。同じく例年参加いただいている山の手第30町内会の内藤総務部長。そのほか整備登山の告知ポスターを見て参加された方が5名ほど。三角山ボランティアメンバーを入れると、総勢30名ほどになりました。 

 参加者全員でこぶし平を目指して登山口を出発。

DSCF2947_R.jpg
▲こぶし平を目指す参加者のみなさん

 ほどなくこぶし平に到着し、早速オオバコの抜き取り作業を開始します。

DSCF2951_R.jpg DSCF2952_R.jpg
▲オオバコの抜き取り作業の様子

 子供たちは、オオバコの抜き取り作業に興味津々。根から抜き取る方法を聞いたり、オオバコの特徴や人間によって生育域が不自然に広がってしまったことなどを三角山ボランティアのみなさんから教えてもらいながらの作業。楽しみながら自然環境について学ぶことができたようです。
 夢中になっている間に、たくさんのオオバコを除去することができました。

DSCF2957_R.jpg
▲作業後のこぶし平の様子

 40リットルのゴミ袋換算で10袋分のオオバコを、登山に来ていた若者たちに協力をお願いし、登山口まで運んでもらい、ボランティア整備登山は終了。
 三角山ボランティアのみなさんは、山の手の地域のみなさんと一緒に三角山の自然を守る活動を続けて行きます。

DSCF2953_R.jpg
▲ボランティア整備登山に参加した山の手児童会館・山の手南小ミニ児童会館の子供たち

山の手連合町内会が生活道路除雪問題関係町内会会議を開催しました

 8月18日(木)、山の手会館(西区山の手3条2丁目)において、平成29年度第1回目の生活道路除雪問題関係町内会会議が開催されました。

DSCF2942_R.jpg

 この会議は、山の手連合町内会を構成する町内会のうち北1条宮の沢通りより山側にある各町内会が、坂が急だったり家が少なかったり道路幅が狭かったりといった山際にあることに起因する様々な課題を共有し、連携して解決していこうと、昨年度に引き続き行われている取組みです。
 主催は山の手連合町内会。参加した町内会は、第26町内会、第28町内会、第30町内会、第32町内会、第35町内会で、それぞれが昨年の除雪にかかる状況を報告し、共有しました。
 今年度の取組み方としては、昨年度よりも早く行動すること、個々の町内会の課題を連合町内会で取りまとめながら解決策を検討していくこととし、共有した情報を整理して次回の開催に繋げていくこととなりました。

 山の手地域での困りごとをみんなで共有し、解決していくというこのの取り組み。降雪期においても安心・安全に暮らせる山の手地域にしたいという山の手連合町内会の地域への思いが伝わってくる会議となりました。

特殊詐欺警報の発令!(北海道警察本部より)

 道内では8月10日~13日にかけ、息子や孫などを装い現金やキャッシュカードをだまし取るオレオレ詐欺が連続発生し、4件、530万円もの被害が出ており、今後も被害拡大のおそれがあるため、8月15日に特殊詐欺警報を発令しました。
 犯人は親族を装い「のどにポリープができた」「カバンをなくした」と電話で現金やキャッシュカードを要求し、上司の家族や弁護士を名乗る者があなたの自宅等に受け取りに来ます。こうしたお金を要求する電話は詐欺です。知らない人に現金やキャッシュカードを絶対に渡さないでください。
(配信:北海道警察本部生活安全企画課)

オレオレ詐欺に要注意!!(西警察署より)

 本日西警察署において、オレオレ詐欺の犯人を逮捕しました。
 犯人は、中央区にお住まいのご家庭に、警察官や金融庁を装って「あなたの口座から詐欺集団が20万円ずつお金を下ろしています。今までの口座は止めたので、新しい口座の手続きをします。古いキャッシュカードは、西警察署の警察官が取りに行くので渡してください。」などと電話を掛けていました。
 オレオレ詐欺の予兆電話は全道各地で続いており、今後も発生が懸念されます。本日、全道に特殊詐欺警報も発令されました。不審電話やお金に関する電話は簡単に信用せず、すぐに家族や警察に確認しましょう。
(配信:西警察署011-666-0110)

特殊詐欺予兆電話の発生(西警察署より)

 本日(14日)正午ころ、中央区の複数のご家庭に、警察官や金融庁を名乗る者から、「大規模詐欺グループを検挙した。犯人が持っていたリストの中にあなたの名前が入っている。暗証番号を含んだカード情報が漏れている。」などと詐欺の予兆電話が掛かってきています。このような電話があっても、すぐに信用することなく、必ず警察に確認してください。
(配信:西署011-666-0110)

山の手地区 納涼盆踊り大会(二日目)

 8月13日(日)は山の手地区納涼盆踊り大会の二日目。この日は曇り空ながら雨は降っておらず、天気予報も夜までは曇りのまま。そこで、山の手連合町内会では、二日目は屋外で実施することを決定。山の手会館駐車場と太陽公園で会場設営を行います。

DSCF2832_R.jpg DSCF2834_R.jpg
▲会場設営の様子

 今年も納涼盆踊り大会のメインイベントは、2日目の子ども仮装盆踊り。23人の子どもたちがエントリーし、アイデアあふれるパフォーマンスを披露しました。

DSCF2840_R.jpg DSCF2861_R.jpg
▲仮装をして踊る子供たち

DSCF2878_R.jpg
▲盆踊りをする子供たちが増えて踊りの輪が二重になる程の盛況ぶり

 30分ほどで子供盆踊りが終了し、親子盆踊りの時間になりました。親子盆踊りを楽しみながら、仮装大会の審査発表を待ちます。親子盆踊りも沢山の人の踊りで賑わいます。

DSCF2886_R.jpg
▲親子盆踊りの様子

 いよいよ審査発表です。まずは審査委員長でもある河村実行委員長からの講評です。「子供たちの仮装の題材選びや衣装の工夫が素晴らしく、とても楽しかった。来年も是非参加して、楽しい仮装を見せてください。」とのお話がありました。

DSCF2893_R.jpg
▲講評を行う河村委員長

 続いて表彰です。審査の結果、「カールおじさん」の仮装を披露した男の子が優勝。他にもピカチューやスーパーマリオ、ポケモンのビクティニなどの仮装が上位にランクインしました。ほかにもアラレちゃんの仮装や、ピーターパン、マジシャン、ミニオンズなどに仮装した子供たちも注目を集め、好成績を残しました。

DSCF2897_R.jpg DSCF2900_R.jpg
DSCF2906_R.jpg DSCF2907_R.jpg
DSCF2909_R.jpg DSCF2911_R.jpg
DSCF2913_R.jpg DSCF2915_R.jpg
DSCF2916t_R.jpg
▲表彰の様子

 表彰が終わったところで、盆踊りは終了です。引き続き、昨日同様に夏祭りに入ります。
 まずは子供のスイカ割り大会です。昨日同様、10人の子供たちが挑戦しました。昨日よりも小さいお子さんが多かったのですが、頑張ってスイカを狙い、バルーンのバットを振ります。

DSCF2925_R.jpg DSCF2929_R.jpg
▲スイカ割りの様子

 続いて、大人のラムネ早飲み大会です。今日も3組15人の大人が挑戦です。今日も子供たちの声援を受けながら一位を目指してラムネを飲みますが、どうしても慌てるとビー玉が飲み口を塞いでしまいます。中には炭酸で吹き出す人もいました。

DSCF2934_R.jpg
▲ラムネ早飲み大会の様子

 最後は、スイカ割大会のスイカが来場の皆さんに提供されました。

DSCF2939_R.jpg
▲来場者にスイカの提供

 大変多くの来場者があったため、露店の品物も予定より早く無くなり、少し早目の時間で終了。
 雨天時の盆踊りと、晴天時の盆踊りの両方を行ったことで、2つの楽しみ方ができた今年の盆踊りは、例年の倍の楽しみ方ができたのではないでしょうか。
 雨天時の対応が滞りなくできたのは、山の手連合町内会がこれまで山の手会館を活用した各種イベントで蓄積した経験があったからです。また、山の手会館があればこそ、例え雨でも盆踊りと夏祭りを楽しめるようになりました。
 地域の皆さんの力で建てた山の手会館。その会館が、地域のために最大限に有効活用されていることが確認できた2日間でした。
 地域の商店、企業からも多くの協賛や奉仕品の提供もあり、山の手地区の地域のみなさんの力で成し遂げたこの行事。訪れた皆さんの楽しい夏の思い出になったことと思います。

山の手地区 納涼盆踊り大会(一日目)

 8月12日(土)と13日(日)の2日間、山の手地区納涼盆踊り大会が山の手北風公園(西区山の手2条3丁目)で開催されました。主催は山の手連合町内会役員を中心とする盆踊り大会実行委員会。
 納涼盆踊り大会は、小中学校の夏休み期間中の最大のイベント。今年の盆踊りは、昨年までの北風公園から場所を移し、太陽公園と山の手会館での開催となりました。

 盆踊りの初日、天候はあいにくの雨。通常の盆踊りであれば中止になるところですが、山の手連合町内会では、予め雨の場合も想定してあります。山の手会館の大ホールを盆踊り会場にしてミニ盆踊りと夏祭りという形で実施します。

DSCF2762_R.jpg DSCF2769_R.jpg
▲雨天に合わせて会場を設営。露店もホール内に設けます。

 いよいよ開会です。司会進行は実行委員会の事務局長である山の手連合町内会の上田副会長。最初の挨拶は実行委員長を務めた山の手連合町内会の河村会長が行います。続いて、浦屋西区長から挨拶がありました。

DSCF2778_R.jpg DSCF2788_R.jpg
▲河村実行委員長の開会挨拶と浦谷区長の来賓挨拶

DSCF2790_R.jpg
▲司会進行を行う上田事務局長

 開会式の終了後に、早速子供盆踊りをスタート。ホールの中で輪を作り、大人の先導で子供たちが踊ります。

DSCF2797_R.jpg
▲子供盆踊りの様子

 子供盆踊り、親子盆踊りを行い、盆踊りとしては一旦終了。ここからは夏祭りタイムです。
 まず最初に、子供スイカ割り大会です。事前にエントリーしていた10人の子供が挑戦します。ステージの下では応援の子供たちが「がんばれ!」「右、右!」「少し下がって!」と声をかけながら、大変な盛り上がりを見せます。

DSCF2810_R.jpg DSCF2814_R.jpg
▲スイカ割りに挑戦する子供たち

 成功、失敗がありましたが、子供たちは参加賞のおやつセットを貰って大満足でした。
 さて、子供の次は大人の番。大人の「ラムネ早飲み大会」です。事前にエントリーしていた15人が、3組に分かれて挑戦します。
 慌てるとビー玉が飲み口を塞いで飲めなくなってしまいます。子供たちの熱い応援もあり、みんな必死でラムネを飲み干そうと頑張ります。

DSCF2824_R.jpg
▲ラムネ早飲み大会の様子

 ゲームもあって大変な盛り上がりとなった盆踊りの初日。外は小雨でしたが、来場したみなさんは盆踊りと夏祭りを満喫し、雨のことなど忘れてしまっている様子でした。

DSCF2827t_R.jpg
▲会場の様子

 (2日目に続きます。)

8月12日、13日は山の手地区納涼盆踊り大会です

 8月12日と13日は、山の手会館と太陽公園において山の手地区納涼盆踊り大会が開催されます。
 雨天の場合でも、山の手会館を利用して夏祭りを行います。お店の開店は16時からですので、皆さん、どうぞご来場ください。

8月11日は山の日です。

今日の三角山です。
曇り空で山が暗く写っていますが、緑が濃くて木々は元気そうです。

DSCF2759_R.jpg

昨年も同じタイトルでブログを書きましたが、8月11日は「山の日」で、今年で制定2年目です。
三角山も登山者で賑わうことと思いますが、自然を大切に守りながら楽しむようにしたいですね。

昨年も山の日には新聞、テレビ、ラジオなどで「山の日特集」が組まれていました。三角山も紹介されましたが、地域に親しまれる、身近で豊かな自然である三角山ですから、またどこかで紹介されるかもしれません。
西区のシンボルの一つとして、多くの方に知っていただけたらと思います。

さて、山の日の次の日である8月12日(土)、13日(日)は「山の手地区納涼盆踊り大会」です。
時間は17時30分~19時00分ですが、露店の開店は16時からです。
今年は太陽公園・山の手会館で実施することになりました。
楽しい企画が用意されていますので、皆様、是非ご参加ください。

さんかくやまべぇ、ゆるキャラ®グランプリ2017にエントリー!!

西区の環境キャラクター「さんかくやまベェ」が、西区の環境推進区としての取組をPRするため、昨年に引き続き、ゆるキャラ®グランプリ2017にエントリーしました。
インターネット投票により順位が決まりますので、皆様の清き一票をぜひ「さんかくやまベェ」に!
応援よろしくお願いします!!
yamabee2017_R_20170809153923cd0.jpg
【投票期間】
平成29年8月1日(火)から平成29年11月10日(金)まで
【投票方法】
投票はこちらから。↓
http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00003285
投票は、ゆるキャラ®グランプリ公式ページから、1つのIDにつき1日1回できます。
詳細は、ゆるキャラ®グランプリオフィシャルウェブサイトをご確認のうえ投票をお願いします。
http://www.yurugp.jp/vote/method.php

<注意事項>
※投票には初回のみID登録が必要です。
ID登録はこちらから。↓
https://vote-yurugp.secureserv.jp/pc/members

【さんかくやまベェプロフィール】
三角山と琴似発寒川に古くから住む妖怪。年齢は、150万歳とされる。
西区の自然が大好きで、ヤマベ(ヤマメ)や草花と、のんびり自給自足(地産地消)の生活を送っている。
まだ山に雪が残るある春の日、琴似発寒川まで出てきて水を飲もうとしたところを、川辺の清掃をしていた地元住民に目撃されてからその存在が知られるようになる。
とぼけた顔をしているが、このごろは地球温暖化に悩んでいる。
好物は、山の手産のリンゴと小別沢産の小松菜。

yamabee_sleeping.jpg
運営者

札幌市西区山の手まちづくりセンター

札幌市西区山の手まちづくりセンター
〒063-0003
札幌市西区山の手3条7丁目1-38 (周辺地図)
電話:011-613-1929
FAX:011-613-1373
E-mail:ni.yamanote@city.sapporo.jp
開所時間:8時45分~17時15分
閉所日:土・日曜日、祝・休日、12月29日~1月3日

最近の記事
カレンダー
前月 < 2017年08月 > 次月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別の記事
記事の分類
ブログ内の検索
スマホ・携帯サイト(QRコード)
QR
まちづくり活動団体
山の手地区の施設等
地区外の施設等
RSSフィード