三角山ボランティアの小出さんが登頂10,000回超を達成

 10月14日(土)、三角山ボランティアで最年長の小出さん(90歳)が、三角山登頂10,000回超の記念登山を行いました。

 いつも小出さんが登る早朝の時間帯、まだ真っ暗な中を、三角山ボランティアのメンバーや小出さんの山仲間と一緒に登山開始。六の坂を登るあたりから足元がようやく明るくなってきます。

DSC_1580_R_2017101613310864e.jpg DSC_1582_R_201710161331090a4.jpg
▲ようやくヘッドライトを消灯できる明るさの中、元気に登る小出さん

 山頂に到着したのは、ちょうど日の出の時間。地平線から昇る太陽が小出さんを出迎えます。

DSC_1589_R.jpg
▲山頂からの日の出

 記念の横断幕を掲げて、仲間と記念撮影を行いました。

DSC_1596_R.jpg
▲記念の横断幕を掲げる小出さん(左から2番目)

 前人未到の記録を、三角山ボランティアの仲間や山仲間のみなさんと喜び合いました。
 小出さん、おめでとうございます!!

全国地域安全運動出動式

 10月10日(火)、全国地域安全運動出動式がポリテクセンター(二十四軒4条1丁目)において開催されました。

 これは、平成29年10月11日(水)~20日(金)までの10日間、全国地域安全運動が実施されることに伴い、運動期間の前日である本日、運動の趣旨を地域に周知して自主防犯意識の高揚を図るために実施されたものです。
 運動期間中は、山の手連合町内会を含む西警察署管内の15の連合町内会、西区役所、山の手セーフティネットなどの自主防犯ボランティア団体等と西防犯協会、西警察署が協働して犯罪の発生抑止等を目的に各種活動を展開していくことになっています。
 全国地域安全運動の重点は【子供と女性の犯罪被害防止】【特殊詐欺の被害防止】です。

DSCF4089_R.jpg

 出動式は西警察署の砂原署長からの挨拶で始まり、続いて西防犯協会の河田副会長が主催者挨拶を行いました。

DSCF4096_R.jpg DSCF4100_R.jpg
▲佐藤 西警察署長の挨拶と河田 西防犯協会 副会長の挨拶

 続いて、西区の浦屋区長からの来賓挨拶が行われました。

DSCF4102_R.jpg
▲浦谷区長の挨拶

 その後、西警察署管内の地域を代表し、二十四軒地区の青パト隊の代表である二十四軒連町の河崎会長から出動申告があり、この出動申告により青色回転灯を装備した通称「青パト」が、警察車両を先頭にして、続々と地域防犯パトロールに出動していきました。

DSCF4108_R.jpg
▲出動申告の様子

DSCF4112_R.jpg
▲警察車両を先頭に続々と青パト隊が出動

DSCF4116_R.jpg DSCF4118_R.jpg
DSCF4122_R.jpg DSCF4127_R.jpg
▲続々と出動する山の手セーフティネットのみなさん

 山の手地区では、山の手連合町内会や山の手セーフティネットにより、青パト隊による防犯パトロールなどの防犯活動が日ごろから行われており、地域の安心・安全を守っています。
 こうした活動により、山の手地区の自主防犯意識が高まり、より安全・安心で住みやすい地域づくりがされていくことと思います。

山の手地区文化祭

 10月8日(日)、9日(月・祝)の2日間、山の手会館(西区山の手3条2丁目)において、山の手地区文化祭が開催れました。

DSCF4067_R.jpg

 主催は山の手連合町内会。山の手会館を中心として山の手地区の文化活動の振興をはかり、文化活動を通じて地域交流を活性化させるイベントとして昨年から開催されているもので、今年で2回目。
 この文化祭は、山の手会館で行われている様々な文化団体の作品発表の場でもあります。
 山の手地区のみなさんの手による絵画、写真、切り絵、彫刻、手芸等の作品が多数集まり、山の手地区の文化の祭典として少しずつ認知されてきました。

 山の手地区には、本格的な油絵や水彩画、プロ並みの写真やボタニカルアート、彫刻品などの創作活動をされている方がたくさんおり、様々な作品を出展していただきました。

DSCF4045_R.jpg DSCF4043_R.jpg
DSCF4046_R.jpg DSCF4048_R.jpg
DSCF4049_R.jpg DSCF4050_R.jpg
DSCF4051_R.jpg DSCF4059_R.jpg
DSCF4061_R.jpg DSCF4065_R.jpg
DSCF4068_R.jpg
▲展示品の数々

 山の手さくら子供会も、琴似神社の秋の祭りでお披露目した子供神輿を、子供会の活動紹介ポスターとともに展示しました。

DSCF4035_R.jpg
▲山の手さくら子供会の子供たちが作成したお神輿

 また、今年は小学生児童の絵画コンクールを実施。25点の作品応募があり、金賞、銀賞、銅賞、参加賞がそれぞれ選出され、表彰式も行われました。

DSCF4054A_R.jpg
▲参加作品の展示の様子

DSCF4086_R.jpg DSCF4074_R.jpg
▲表彰式の司会をする宮田会計部長と主催者挨拶を行う上田副会長

DSCF4083_R.jpg DSCF4084_R.jpg
▲参加者の様子と熊井副会長からの感想

 金賞は山の手南小学校6年生の鈴木くん。文化祭当日は来場できなかったため、後日、山の手会館で表彰式が行われました。

DSC_1579_R_20171016113228d01.jpg DSC_1582_R.jpg
▲後日表彰を受ける鈴木くん

 2日間の文化祭では、展示された見事な作品が訪れた多くの人たちを楽しませていました。

 その他、会場には喫茶コーナーも設けられ、作品鑑賞の感想や地域の話題などで多くのみなさんが会話を楽しみました。

 山の手連合町内会が企画したこの文化イベント、2日間でおよそ110名の地域のみなさんが山の手会館に足を運びました。
 今年は作品の展示を申し出てくださる方が増え、少しずつ山の手地域の文化イベントとして定着してきたようです。

 来年の第3回山の手地区文化祭には、どんな作品が寄せられるか、今から楽しみです。


山の手南小学校で秋桜祭、山の手小学校でななかまどまつりが開催されました

 10月7日(土)、山の手南小学校で秋桜祭が、山の手小学校でななかまどまつりが開催されました。
 土曜参観授業の後に、児童、PTA、先生や解放図書館ボランティア等が一緒になってバザーや展示等に取り組み、地域の皆さんも児童も楽しみにしている運動会に並ぶ一大イベントです。

 山の手南小学校では参観授業の前に、今年で7年目の取り組みとなる「P-man’s おやじの読み聞かせ」も行われました。お父さんの絵本の読み聞かせは子供たちにも毎年好評です。

 山の手小学校では、参観授業の後、ななかまどまつりのオープニングイベントとして山の手バンド2によるオープニングライブを開催。今年も児童と一緒に大変盛り上がりました。

 子供たちの成長のための大切な経験を作り、また、学校生活の楽しい思い出を作る両小学校のこのイベント。これからも楽しく続いていくことでしょう。

DSCF3917_R.jpg DSCF3916_R.jpg
DSCF4027_R.jpg DSCF4028_R.jpg

介護予防教室の打ち合わせ会が開催されました

 10月5日(木)、介護予防センター山の手・琴似の主催で、山の手地区の介護予防教室の打ち合わせが開催されました。
 山の手地区では、介護予防センターによる介護予防教室を、山の手小学校エリア、山の手南小学校エリア、山の手会館エリアの3つに分け、それぞれ近隣の町内会と山の手地区福祉のまち推進センター、山の手連合町内会福祉部のみなさんが運営に参加して実施しています。

 この日は山の手小学校エリアの運営に協力いただいている皆さんと介護予防センターで上半期の取り組みを振り返り、今年度の下半期の介護予防教室の実施に向けて改善事項や来年度を見据えた取り組みなどについて話し合いました。

DSCF4026_R.jpg
▲会議の様子

 地域の皆さんが健康を維持しながら歳を重ねていけるよう、介護予防センター山の手・琴似と山の手地区福祉のまち推進センター、山の手連合町内会福祉部、単位町内会の取り組みは続きます。

山の手セーフティネット 防犯功労団体表彰伝達式

 10月4日(水)、山の手セーフティネットの防犯功労団体表彰伝達式が、西警察署で行われました。
 これは、多年にわたり地域安全活動を積極的に推進し、防犯思想の普及高揚と安全で安心なまちづくりに貢献した団体に対し、全国防犯協会連合会会長と警察庁長官の連盟で表彰されるものになります。
 山の手セーフティネットの平賀典明代表と、山の手小学校の山谷校長、山の手南小学校の山本校長が伝達式に参加。平賀代表が札幌方面西警察署の砂原署長から表彰状と記念品を受け取りました。

IMGP3275_R.jpg IMGP3281_R.jpg
▲伝達式の様子

 青パト車両による巡回や小学校の集団下校訓練などの防犯教室への参加など、積極的に活動を続けている山の手セーフティネット。これからも安心で安全な山の手地区となるよう、活発な活動を続けていくことでしょう。

赤い羽根共同募金運動の街頭募金

 10月1日(日)の午前中、赤い羽根共同募金の街頭募金が行われました。
 山の手地区社会福祉協議会が地区の共同募金の事務局として、同地区民生委員児童委員協議会の皆さんに協力いただき、ラルズ山の手店前とラッキー山の手店前で街頭募金を実施。
 道を行く人に呼びかけながら、赤い羽根や子供向けの風船、バッチなどを配布しました。

DSCF4017_R.jpg DSCF4018_R.jpg
▲募金を呼びかける山の手地区の民生委員・児童委員の皆さん

 街頭募金は、今日から3日間行われます。
 明日2日(月)は本日と同じ山の手地区民生委員児童委員協議会の皆さんが、3日(火)は山の手地区福祉のまちふれあいセンターの皆さんが街頭募金に立つ予定です。

山の手地区パークゴルフ大会が開催されました

 9月30日(土)、鉄興公園パークゴルフコース(西区発寒13条11丁目)にて、平成29年山の手地区パークゴルフ大会が開催されました。本大会は、住民相互の親睦とパークゴルフを通じた健康づくりを目的に、今年で18回目の開催となります。
 主催は山の手連合町内会。大会長は河村会長、副大会長を上田副会長、競技委員長を栗山環境衛生部長が務めます。

 この日は、前日の雨の名残で空には雲が多くありつつも秋らしいさわやかな天気となる中、山の手地区にお住まいの男性25人、女性15人の総勢40人の皆さんが集合しました。

DSCF3930_R.jpg
▲集合した参加者のみなさん

 本間総務部長の司会進行で開会式が始まりました。まず最初に、上田副大会長の主催者挨拶です。

DSCF3931_R.jpg DSCF3936_R.jpg
▲司会進行をする本間総務部長と開会式で挨拶をする上田副大会長

 続いて栗山競技委員長からルール説明等がありました。

DSCF3942_R.jpg
▲ルール等の説明を行う栗山競技委員長

 開会式終了後、午後2時の始球式でいよいよ競技開始です。
 始球式は草原コースと林間コースに分かれ、前回大会の男性の部で優勝した宮崎さんが草原コース、女性の部で優勝した馬場さんが林間コースの始球式を行いました。

DSCF3945_R.jpg DSCF3948_R.jpg
▲前回の女性の部で優勝した馬場さんと男性の部で優勝した宮崎さんの始球式

 今日はグリーン上のカップの位置が難しくなっている中、皆さん力強くも慎重なコントロールショットでプレーし、熱い戦いを繰り広げました。

DSCF3952_R.jpg DSCF3951_R.jpg
▲ティーショット!

DSCF3955_R.jpg DSCF3958_R.jpg
▲グリーン上でカップを狙います

 競技終了後は、会場を山の手会館(西区山の手3条2丁目)に移して表彰式と懇親会を開催。運動後の心地よい疲労感の中、お互いの健闘をたたえながら懇親を深めました。

 優勝の栄冠を手にしたのは、男性の部が馬場儀男さん。パー66のコースで、スコアは50。女性の部は勝田啓子さんが優勝。スコアは51でした。
 ほかの皆さんも日頃の練習の成果をいかんなく発揮されました。

DSCF4013_R.jpg
▲見事優勝のお二人 男性の部 馬場さん(左) 女性の部 勝田さん(右)

成績上位者は以下のとおり。
○男性の部
 優勝  馬場 儀男さん(スコア50)
 準優勝 富澤 洋さん(スコア50)
 第3位 宮崎 正之さん(スコア50)

○女性の部
 優勝  勝田 啓子さん(スコア51)
 準優勝 松井 ひろ子さん(スコア52)
 第3位 赤裏 清美子さん(スコア54)

 今年はコースコンディションは良かったのですがカップの位置が難しく、スコアが伸び悩んだようです。昨年に続き50を切ることはありませんでしたが、難しい要素があるからこそ盛り上がるこの大会。来年の大会ではもっと白熱した接戦が見られるはず。期待しましょう!

 山の手連合町内会では、地域のみなさんが参加できるイベントを次々と実施していきます。
 10月8日(日)、9日(月・祝)は山の手文化祭を予定しています。みなさん、お楽しみに!

琴中フェスティバル

 9月28日(木)、29日(金)の2日間、琴似中学校(西区山の手4条2丁目)において、琴中フェスティバルが開催されました。

DSC_1566_R.jpg

 2017年の琴中フェスティバルのテーマは「MOVE ON!」。その意味は「一人ひとり進む速さや歩幅は違っても、最高の琴Fにするために全員で団結し、どこまでも前に進んでいこう。」と説明されています。

 夏休み明けから準備してきた2学期の一大イベント。一日目の28日(木)は、開会式から全国大会出場を決めた合唱部のステージがあり、続いて一年生のステージ発表がありました。
 二日目の29日(金)は、二年生、三年生のステージ発表があり、その後、吹奏楽部のステージと続きます。

 ※ 素晴らしい盛り上がりを見せる琴Fの開会式やステージの様子は琴似中学校のサイトをご覧ください。
 <琴似中学校のサイト

 両日とも大変な盛り上がりで、琴中の生徒たちの日頃の活動の成果が表れていました。
 充実した中学校生活の成果を見せる生徒たちの更なる成長を期待して、地域で見守っていけたらと思います。

西区連合町内会会長・女性部長合同研修会が開催されました

9月28日(木)、西区連合町内会会長・女性部長合同研修会が開催され、西区内の11の連合町内会の会長、女性部長が参加しました。
 毎年、西区内の各連合町内会におけるまちづくり活動推進のため、テーマを設けて学習するこの研修会。今年は、環境推進に関する意識を深めるために上水道の仕組みを理解すること、2026年の冬季オリンピック・パラリンピック招致活動についての理解を深めることをテーマに、藻岩浄水場と水道記念館、大倉山の札幌オリンピックミュージアムを見学します。

 藻岩浄水場と水道記念館では、豊平川の上流の豊平峡ダムと定山渓ダムの水を取水し、上水道を作って配水する一連の工程について、実験を交えた説明を受け、浄水施設の見学を行いました。

DSC_1565_R.jpg DSC_1570_R.jpg
DSC_1580_R_20170929115442f05.jpg
IMG_1215_R.jpg IMG_1217_R.jpg
▲藻岩浄水場・水道記念館の見学の様子

 大倉山の札幌オリンピックミュージアムでは、学芸員の方から冬季オリンピックの歴史や過去の大会の記録などについて説明を受け、競技用具や競技体験コーナーなどを見学しました。

IMG_1238_R.jpg
DSC_1594_R.jpg DSC_1604_R_201709291155098c5.jpg
DSC_1607_R_20170929115511e59.jpg DSC_1609_R.jpg
DSC_1617_R.jpg
▲札幌オリンピックミュージアムの見学の様子

 札幌市の上水道に関しては、西区にも西野浄水場があります。また、冬季オリンピックに関しては、幻のオリンピックとなった1940年(昭和15年)のオリンピックで回転競技場として選ばれていたのは三角山でした。西区の地域や歴史に結びついたテーマによる今回の研修。これからの地域のまちづくりの中で生かされていくことと思います。
運営者

札幌市西区山の手まちづくりセンター

札幌市西区山の手まちづくりセンター
〒063-0003
札幌市西区山の手3条7丁目1-38 (周辺地図)
電話:011-613-1929
FAX:011-613-1373
E-mail:ni.yamanote@city.sapporo.jp
開所時間:8時45分~17時15分
閉所日:土・日曜日、祝・休日、12月29日~1月3日

最近の記事
カレンダー
前月 < 2017年10月 > 次月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別の記事
記事の分類
ブログ内の検索
スマホ・携帯サイト(QRコード)
QR
まちづくり活動団体
山の手地区の施設等
地区外の施設等
RSSフィード